キーテクノロジー

高度な自己遮蔽

自己遮蔽方式およびその他の特許化された手法など、漏洩磁場を最小限にする技術を用いるのがBrukerのアプローチです。このような技術を採用して漏洩磁場が最小限になるように最適化した結果、その他にもいくつかのメリットが得られています。Brukerの UltraShield磁石および UltraShield Plus磁石の全体としてのパフォーマンスは、他に勝るものがありません。

冷却

Brukerの自己冷却技術によって、窒素が不要でヘリウムの消費も大幅に抑えられた小型の超伝導磁石の設計製作が可能となりました。革新的な自己遮蔽技術と冷却技術の組み合わせが成功したことで、実験動物を用いる研究用の MRI および FTMSのアプリケーションのためのUSR (UltraShield Refrigerated) 磁石製品ラインを開発することができました。BrukerのUSR 磁石は、冷媒の補充に伴う負担から解放されたお客様が、既にその信頼性と利便性をテストしている実績のある製品です。

補助冷却

可能な限り高い磁場を達成するためには、超伝導材料の動作時の温度を下げることが非常に重要です。 UltraStabilized(超安定型) は、Brukerの補助冷却型の NMR 磁石に付けられている名称で、オペレーターが介入することなく高い信頼性と安全性を維持できる安定した補助冷却方式を意味します。Brukerの UltraStabilized技術は、世界中のお客様の実験室で、他に類を見ないほどの実績があります。

外部の電磁場変動に対する高度なスクリーニング

Brukerの電磁場変動抑制 (Electromagnetic Disturbance Suppression, EDS) 技術は、漏洩磁場と外部の電磁場変動に伴う磁場安定性への影響を同時に抑えることで、最も高度な遮蔽性能を実現するものです。