MRI 動物ハンドリング アクセサリ

動物の高い処理能力、動物の幸福、モニタリングのため

AutoPac

AutoPac™ は、動物のハンドリングを簡素化し、前臨床ルーチン アプリケーションで動物の高い処理能力を可能にするモーター駆動自動位置決めシステムです。さまざまな動物の種、アプリケーション、および RF コイル用に合わせられたさまざまな動物用ベッドが用意されています。これらは、体温安定化を含む麻酔および固定装置を特徴とします。

AutoPac automatic animal positioning system

モニタリングとトリガー

多くの MRI/MRS アプリケーションは、動きのアーチファクトを避けるためにトリガーとなる収集を必要とします。さらに、動物愛護の法律では、 磁石内の 動物の状態を継続的にモニタリングする必要があるとされています。このため Bruker は、さまざまな生体信号 (ECG、呼吸、体温) のトリガーに基づき、後から時系列の画像に相関関係を持たせることができるよう、すべての変動を記録できるスタンドアロンシステムを提供しています。ECG センサーには、グラジエント/RF 干渉に対する特殊フィルターが備えられており、追加のユーザー設定センサーを組み込みこともできます。

MRI Animal Monitoring

動物テーブルとスライダー システム

磁石には準備用テーブルが取り付けられ、動物の高速で再現性の高い位置決めのためにさまざまな動物用ベッドが置かれるその上にスライダー システムを支えます。いくつかの動物用ベッドを平行で使用できること、例えば、データ収集のために磁石内のスライダー上に 1 つ、動物の準備用に 1 つ、そして1 つは洗浄を行っていることが理想です。
 

動物用ベッドとクレードル

さまざまな動物の種、アプリケーション、および RF コイル用に合わせられたさまざまな動物用ベッドが用意されています。それらの大部分には、ガス麻酔用ノーズコーン、3 点固定システム (歯のバーと耳栓)、喉アクセス用開口部、および体温安定化装置が備わっています。
さらに、動物用ベッドには、温度制御付き加温ブランケットが備わっています。

MRI Coil Bed
Dedicated animal beds