超遮蔽冷却磁石技術

独立性の選択

外部磁場の遮蔽とともに、最新の磁石が用意されています。これは、磁石の外側の磁場を補う第 2 の超伝導コイルの使用によって達成されます。Bruker の超遮蔽技術によって、磁石に近い漂遊磁場を劇的に減らし、したがって、オペレーターが曝される磁場を大きく減らします。すべての Bruker USR 磁石には、長いヘリウム保持時間と最少数の保守間隔のための冷却技術が含まれます。

弊社の USR 磁石は、最新のパルス チューブ cryo-cooler 技術を利用して、低温効率を向上します。そして同時に、磁石システムに対する望まない振動の伝達を最小限に抑えます。これは、他の積極的冷却法に関連した振動関連の問題なしに、最適なアーチファクトのない性能を達成するために不可欠です。パルス チューブ クーラーは、可動ピストンを採用しない古い技術よりもはるかに優れているため、これが可能です。そのため、機械的摩耗がなく、低温コンポーネントに対する水滴がない静寂動作を特徴とします。 

また、USR 磁石システムは、前臨床 MRI でよく知られている従来型の遮蔽冷却を、気体ヘリウムを再凝縮させる特許取得技術に組み合わせます。この組み合わせによって、優れた冷却効率をもたらします。
 

小型の人間工学に基づくデザイン

USR 磁石システムは非常にコンパクトな形状を示し、先進的なコイル デザインと窒素容器をなくすことによって、同じ磁場強度とボア サイズの従来型磁石よりもかなり小さくなります。先進的な積極的遮蔽に由来する非常に小さな漂薄磁界を照らし合わせると、USR 磁石は小さな部屋により簡単に合い、すぐ近くのその他の機器にかなり少ない影響しか与えません。もちろんこれらは、従来型設計のシステムの設置で経験した混乱も大してなしに、非常に移動や場所探しがしやすくなっています。

可搬型の低温

USR 磁石システムは非常に堅牢で、低温で出荷されるように設計されています。これによって、システムを設置、試運転する時の時間と費用の両方で大きな節約となります。

窒素フリーで保守の少ない操作

USR 磁石は、液体窒素容器を必要とせず、それによって、従来型システムでは必要な定期的な液体窒素の充填の必要性を完全になくして、十分な効率で動作するように設計され、組み立てられています。さらに、システムの優れた熱効率によって、ユーザーによる介入または保守を必要としないヘリウムの極めて少ない消費量をもたらします。システムには、冷却ユニットに対する定期サービスの間に 12 ヶ月以上の保守不要の期間があります。
 

BioSpec 70/30 USR