Pet mr1 1154x400

結果の一貫性

結果の一貫性

ボタンを押すだけで使える最適化済みのプロトコルと、装置に付属するスキャンプログラムは、ParaVisionユーザーの信頼を裏切りません。ブルカーは、完全に事前準備されたスキャンプログラム、測定ガイド、そして反転効率を自動測定し定量的CBFマップを出力する積分再構成法を含むワークフローパッケージを初めてCASLで販売します。このフルパッケージはデータを扱う研究者を自由にし、縦断的研究の質と再現性を高めるために役立ちます。

定量可能なデータ

心臓の画像の質もかつてないほどに向上しています。ワイヤレスIntraGateイメージングとラジアルUTEの組み合わせにより、IntraGateUTEでは心臓全体をカバーする8倍速シネが可能になりました。フローアーティファクトを最小限に抑えることで、自動の心臓解析ソフトウェアによる評価の効率が改善されます。また、画像解析ツールでは、組織特性マップをインタラクティブに作成できます。

結果の再現性

製薬企業の研究室のように高度な緻密さが求められる環境では、安定性と再現性は絶対的な条件です。スキャン間のパラメータのインポート機能によって、試験間、被検体間の一貫性を保証します。また、試験レポート機能により全てのスキャンパラメータが記録され、後日参照することができます。

動物イメージングの効率化

動物移動システム(ATS)で、動物を素早くMRIやPETの内部に位置決めできます。正確な動きにより、2つのモダリティ間で位置を確実に対応させ、最大視野のマルチステーション撮影が行えます。

PETとMRIで一貫したワークフロー

ParaVision 360はPET装置とMRI装置の完全統合を実現します。これはPET/MRのユーザーにとってワークフローも、画像の処理・解析も、データの構造および管理も、両者に共通のプラットフォームで扱えるという利点があるため、全体としてモダリティの操作が高速化され、容易になります。用語もモダリティ間で共通であり、統合されたワークフローではスキャン中に、全てが明快に進行します。

MRIの最前線

正確なイメージング

AVANCE NEOのエレクトロニクスによって高性能なシム調整が可能になり、高速EPIイメージングの忠実さを一層高め、マルチスライスCSIの代謝物定量精度を向上させます。

最も幅広いメソッドポートフォリオ

ブルカーだけが提供できるMRIシーケンスポートフォリオは、これまでも幅広いものでしたが、さらに拡充されました。DREAM法に基づくB1のマッピングとシム調整が可能になり、CBFはCASLからEPIを用いて定量的に算出できます。組織イメージングでは、軟骨イメージングに理想的なDouble Echo Steady State(DESS)法、およびフローアーティファクトがほとんどなく心臓全体のシネを得られるIntraGateUTE法が加わって範囲が拡がり、品質も一段と向上しました。UTE3Dには二重エコータイムのオプションが追加され、CEST、MTCのオプションを含む飽和移動(Saturation Transfer)モジュールが利用可能になっています。RAREでは脂肪-水分離オプションが提供され、脂肪の化学シフトを補正した画像を得ることができます。

強力なデータ解析機能

ParaVision 360では、角度や注釈からアンダーレイ/オーバーレイ用の表面レンダリング、ズーム/パンまで、広範囲にわたる再構成、表示、解析機能を利用できます。

高い柔軟性

オープンソースコードを用いるオープンなメソッド開発フレームワークが、新しいメソッドや再構成オプションのプログラミングを可能にしています。

革新的な新機能

  • タッチスクリーンによる動物移動システムの操作
  • 解剖学的部位や用途に分類された事前定義プロトコル
  • スキャン時の最適化されたナビゲーション、再現性、一貫性を提供する測定ガイド
  • スキャンプログラム機能 
  • スキャン間のパラメータのインポート機能
  • レポート作成機能
  • PET装置とMRI装置に共通の用語
  • 共通の統合されたマルチモダルワークフロー
  • 画像処理、表示、解析用のツールと機能をPETとMRIで共通化
  • データセットの構造、管理をPETとMRIで共通化
  • PETデータとMRIデータの自動の共同登録
  • 高度なシム調整機能
  • 1µsのグラジエント分解能および同期
  • 全チャンネルでの迅速なオンライン意思決定とリアルタイム計算

New Levels of Accuracy in Neuroscience

Once again setting the standard in preclinical imaging software, ParaVision 360 takes reproducibility to a whole new level with the introduction of the examination guide, which escorts the user throughout ASL measurements, ensuring optimal results, whether it be for investigating the extent of stroke damage and recovery or for following the progression of dementia. This consistency and reproducibility is of course only of use when the image fidelity is provided. The introduction of 1 μs gradient timing provides greatest image exactitude for best EPI quality. Additionally, dynamic shimming provides for greatest image exactitude, improving mapping of structural and functional connectivity as well as leading to more accurate quantification in CSI.

Mouse multislice

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:]

 

CEST metabolites
Courtesy: J. Flament, CEA-MIRCen, Fontenay-aux-Roses, France *Data acquired with prototype implementation. *Data evaluation requires further third party software

Wireless Cardiac Functional Assessment

A common characteristic of cardiac models is their instability. Speed of investigation is therefore crucial for animal welfare. Valuable setup time is saved by using IntraGate, since it does not require any electrodes. This unique method that records all heart frames without the need for triggering is complimented with UTE in IntraGateUTE leading to up to 8-fold acceleration compared to classical methods. The minimized flow artifacts facilitate streamlined evaluation with automatic cardiac analysis software.

 

 

ParaVision 360 cardiology

Precise Characterization of Cancer

Accurate image reproducibility is imperative for oncologists measuring tumor progression and treatment. Thanks to the highest sensitivity of ParaVision 360‘s integral AVANCE NEO electronics, even smallest metastases are visible in 3D volumes. Metastases can be seen all throughout the body using multistation acquisition with subsequent image stitching. Longitudinal tumor perfusion studies benefit greatly from the ASL examination guide, which assists throughout scanning and evaluation, ensuring consistency.

ParaVision 360 oncology

Full Body Imaging

Bruker’s largest method portfolio provides all of the methods necessary for imaging all types of tissues all throughout the body in 2D or 3D. Whether it be classic brain gray and white matter imaging with FLASH or RARE, cardiac tissue imaging with Bruker’s IntraGate FLASH or IntraGateUTE, or lung tissue or bone imaging with UTE or ZTE, Bruker’s method portfolio has you covered.

Fat and water can be imaged using the Saturation Transfer module in RARE, which includes CEST and MTC options.

Thanks to the fat chemical shift correction and to B1 shimming, image quality has never been better.

All of this imaging takes place quickly and precisely via the touchscreen positioning of the Animal Transport System (ATS). Its accuracy enables multi-station acquisition, which with subsequent image stitching yields largest Field Of Views for full body coverage. It guarantees perfect positioning correspondence between the MRI and PET images, which makes MR- based automatic attenuation correction mapping for PET possible.

ParaVision 360 tissue
Multistation rat
Multistation acquisition and subsequent imaging stitching yield largest Field of Views enabling, for example, this 32 cm rat body image

LabScape

Service and Life Cycle Support

Bruker’s commitment to provide customers with unparalleled help throughout the buying cycle, from initial inquiry to evaluation, installation, and the lifetime of the instrument is now characterized by the LabScape service concept.

LabScape Maintenance Agreements, On-Site On-Demand and Enhance Your Lab are designed to offer a new approach to maintenance and service for the modern laborator.

Download LabScape Brochure