lf90_Banner.jpg

小動物の体組成アナライザー、体質組成分析に

ブルカーminispec全身(ホールボディ)組成アナライザーはTD-NMRの手法を生体マウス、ラットの低脂肪組織、脂質、体液等に応用し、計測を実現させました。主たる機能は:小動物を安全に注意深く扱い、体軸方向の計測を覚醒状態で可能とします。

2001年の製品発表以来minispec生体マウスアナライザー(LF50)は病症モデルマウスのスクリーニング、フェノタイピング(表現形)の非破壊、非侵襲な計測ツールとして、たちまち、マーケットに受け入れられました。システムは多くの著名な医薬品メーカーや糖尿病や肥満の研究機関や大学等の教育研究機関に納品され生体マウスの体質計測(脂質、赤身組織)を用いた研究分野の標準手法となりました。核磁気共鳴分光法(NMR法)は物質、材料の非破壊試験法としては最良の手法です。NMRによる非侵襲な生体計測は広く、有益な応用分野で用いられ、マグネティック・レゾナンス・イメージング(MRI)、マグネティック・レゾナンス・スペクトロスコピー(MRS)は特に良く知られています。TD-NMR法は同じNMR技法を用い、MRI画像にコントラストを与えるのと同様の物理的選択性により、脂質、赤身組織や体液を解析します。脂質、筋肉間のコントラストは緩和時間の相対差により鮮明です。

LF90 offers horizontal insertion of live rats or other larger animals.
The new minispec mice and rats restrainers, further improving animal care and handling

minispec生体組成アナライザーはタイムドメインNMR法に基づいています。

システムはサンプル全体のTD-NMR信号を収集、解析し3つの関心成分に分離、表示します:

脂質、赤身組織、体液磁気共鳴の技法は研究者に動物が生きてる間に下記の多様な計測を可能とします:

・迅速な測定:測定時間は2分以下、前処理も不要

・廉価なメソッド:高価な動物を生命期間中保持し、消耗品も不要

LF50はマウス、~60-70gまでを扱い計測します

LF50Hはマウス、~60-70gまでを扱い計測します

LF90IIはマウス、ラット~800gを扱い計測します

LF110は1Kg以下のマウス、ラットを扱い計測します

・動物へのストレスを低減:麻酔処置が不要、そのままの動物を計測

・動物への健康阻害リスクが無く、計測頻度を増加

・DEXA法(X-線法)に比べより良い精度、正確性