Dynamic Crystallization Analysis

動的油脂結晶化解析

最終製品の品質や外観に直接影響することから、チョコレートや菓子の原料となるココアバターなどの油脂の結晶化を理解しておくことは重要です。結晶化は、加工だけでなく保存条件の影響を受ける可能性もあります。それにも関わらず現在の測定手法は、サンプル前処理を含めて最大44時間もかかります。

利点

  • 迅速な、油脂の構造と品質の分析、特徴の把握
  • 高精度な分析
  • 高い再現性
  • 容易な操作
  • 最小限の設置要件と設備
  • 化学的な前処理が不要

 

製品に用いる油脂原料の品質をタイムリーに判断する必要がある製造メーカーの方に、Brukerは2時間以内で結晶化の特性解析を行える新しい手法を提案します。

動的結晶化解析は、最初に結晶化を示す固体脂含量、主要な結晶化段階、そして最終的な固体脂含量を間接的に測定することで経時的な油脂の結晶化パターンを提供するものです。サンプル前処理を含めた所要時間は2時間以内です。

結晶化の速度と最終的な固体脂含量に基づき、品質管理部門の責任者は、納品された油脂がフィリングや艶出しに使用でき、受け入れ可能なものかを判断することができます。

  • 10 mm NMR 標準試料管にサンプルを準備 (詳細はSOPに記載)
  • ƒƒminispec.exe ソフトウェアを立ち上げ、動的結晶化のアプリケーションを読み込み
  • 対話形式の動的結晶化解析アプリケーションを使用して、サンプルを分析
  • NMR測定の最後に、Bruker Dynamic Centerソフトウェアがバックグラウンドでデータを自動解析
  • α (結晶化の初期)およびβ (主要な結晶化)フェーズのパラメータをGUIの結果スペースに表示
  • QA/QCモードでは、パラメーターが設定範囲を外れるとすぐに情報ボックスがアラートを表示
  • 範囲は経験値によって入力し、製造工程に適用可能
  • データは実験をクローズするまでは、必要に応じて何度でも異なる制限値で再解析が可能
  • 全てのデータは名前を付けて、測定日時と共に保存

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら