G Var Banner

マーガリン、バター、マヨネーズ、ドレッシングや柔らかいタイプのチーズなどの食品では、油中水滴あるいは水中油滴型エマルジョンの粒径サイズ分布が、味やにおい、外観、微生物の増殖に影響を与えます。

Bruker minispecでは、製造メーカーにとって重要な、製品の保存期間やおいしさに関係する情報が得られる迅速で正確な粒径分布分析が可能です。新しいG-Varメソッドを用いることで、粒径分布アナライザーでは以前よりも迅速に分析を行い、より高い費用効果を得ることが可能となっています。

これまでのD-Var法ほかの手法に対する、新しい G-Var法の利点 :

  • D-Var法に対して、4倍の速さ
  • さらに少ない比率の液滴の定量が可能 (2%まで)
  • より小さい粒径の分析が可能 (現在: 油滴は 0.5-10µm; 水滴は 1-30µm)
  • 全ての手法の中で最も高い正確性
  • 全ての手法の中で、1分析当たりの維持費が最小
minispec mq series

特長、利点、ワークフロー

  • 試薬やサンプルの希釈が不要な、最小限のサンプル前処理
  • „W/O および O/Wのどちらの液滴も測定可能
  • „„顕微鏡、レーザー回折、電気検出などの他の分析手法と比べて、同等または良好な正確性
  • NMRでは、クラスターの大きさではなく液滴のサイズを測定„
  • スプレッドやドレッシングに含まれる液滴サイズ分布を分析するためのユニリーバ社の標準メソッド
  • 非常に迅速な手法„
  • 全てのメソッドの中で1分析当たりの維持費が最小
Minispec GVAR workflow

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら