NanoDMAII Banner
NanoDMA III Quantitative Depth Profiling

定量性のあるナノスケール動的粘弾性深さ方向測定技術

ブルカーのnanoDMA III (ナノスケール動的粘弾性評価技術)はナノスケールの材料の力学特性を評価するうえで極めて強力な技術です。nanoDMA IIIは材料の表面から深さ方向に向かって正確かつ連続的に力学特性を測定する、新たなCMXコントロール測定技術を搭載しています。CMXを用いることで、深さ、周波数、時間の関数から、硬さ、貯蔵弾性率、損失弾性率、複合弾性率、tanδのパラメーターを深さ方向に連続して測定することができます。

強力な評価ツール!ナノ動的粘弾性測定

幅広い周波数領域で掃引試験を実現するトランスデューサーとそれらをコントロールするテクノロジーにより、nanoDMAIIIは業界をリードする性能、感度、幅広い評価レンジを実現しました。一般的なナノスケール動的剛性測定技術に度々認められる、フィードバックの遅さの影響を受けるようなことはありません。また、nanoDMA IIIは独自のリファレンス周波数測定技術により、ドリフトなどの影響を最小化、長時間の周波数掃引測定やクリープ試験を行うことができます。

NanoDMA III Powerful Dynamic Characterization at the Nanoscale