M4 TORNADO, 2D µ-XRF, Ultimate Speed and Accuracy

考古学 - ローマ時代の剣の考察

μXRF分析装置 M4 TORNADOを使用すると、敏感で貴重な考古学的オブジェクトを簡単かつ確実に分析できます。適用された技術は、特に小さなサンプル領域で、オブジェクトの迅速な非破壊分析を可能にします。

分析されたローマ時代の剣は、低合金鋼製です。それは勝利の女神を示す象牙の作品を持っています。スペクトル分析は、剣の鋼と象嵌の両方の元素の組成の推定値を与えます。また、元素分布の正しい解釈には慎重なスペクトル分析が必要であることを示しています。これは、オーバーラップまたはバックグラウンドエフェクトを正しく識別する唯一の方法です。象嵌された作品の形状は、高度な詳細を伴う元素マッピング画像において認識することができ、それ以上の準備なしにオブジェクト形状の再構成を可能にします。計算された組成値は、復元作業のために選択された技術がサンプルの組成に大きく依存するため、オブジェクトの正しい復元のために重要です。

ラボレポートXRF 443のダウンロードはこちらから (PDF)