M4 TORNADO, 2D µ-XRF, Ultimate Speed and Accuracy

低合金鋼の腐食過程の調査

M4 TORNADOでは、コーティングされたサンプル領域の元素分布を分析することができます。コーティングが非常に薄い場合、小さな角度で研磨することによって、異なるコーティングのこれらの領域を拡大することが可能です。この調製技術を用いて、低合金鋼の異なる処理サンプルの腐食プロセスを分析しました。基材(鋼)、コーティング材(Zn、ZnAl合金)、処理に使用される元素など、すべての元素の分布を区別することができます。その分布に関する情報は、腐食プロセスをよりよく理解するのに役立ちます。これは、コーティング中にAlを添加することによって腐食に対する感受性が低下することを示しています。

ラボレポートXRF 451のダウンロードはこちらから (PDF)