D8-ENDEAVOR-banner
D8E gripper banner
D8E Alu Flyer bannerr
D8E Cement Flyer banner
D8E Minerals Flyer banner

D8 ENDEAVOR – プロセス管理・品質管理を指先ひとつで

あたらしいD8 ENDEAVORは、粉末アプリケーションに特化した、最先端のX線回折計(XRD)です。 最もシンプルな操作、優れた検出下限と超高速測定の両立、迅速な試料搬送を実現するために、すべての設計を見直しています。

  • Dynamic Beam Optimization DBO – 全角度領域に渡る最高のデータクオリティを保証
  • LYNXEYE XE-T検出器 – すべてのリミットを打破した比類なき1次元検出器
  • TouchControl – タッチパネル操作で自由自在に
  • ECOモデル – 低消費電力かつ外部冷却水不要な1 kW型グリーンソリューション
  • 過酷環境, 高地対応オプション – その信頼性はあらゆる環境下で

 

D8 ENDEAVORのポスターはこちらから.

D8 ENDEAVORは、産業用途から大学・高専・研究機関などのアカデミック用途にいたるまで、多くのユーザーにご満足いただいています。特に産業プロセスへの統合と品質管理のために、ベルトコンベアやサンプルハンドラーを接続して、完全自動システムを構築できます。

D8 ENDEAVORのソリューションパッケージは、セメント、鉱物、医薬品、アルミニウム、そして金属を備え、以下の特徴を有します。

  • 特化した装置構成
  • 最適化された測定・解析用ソフトウェアパッケージ
  • 各業種に応じたアプリケーショントレーニングとサポート

 

すべての自動化プロセスの未来はここに ー D8 ENDEAVOR

D8 ENDEAVORの詳細はこちらから.

D8 ENDEAVOR - 結晶相定性分析、定量分析、結晶構造解析、微構造解析用XRD装置
D8 ENDEAVOR - 結晶相定性分析、定量分析、結晶構造解析、微構造解析用XRD装置

D8 ENDEAVORのサンプルハンドリング

D8 ENDEAVORは、様々な形状やサイズのサンプルホルダーを連続的にハンドリングでき、サンプルの前処理を最小限で済ませることができます。

粉砕された粉末サンプルをサンプルの量や形状に合わせて、様々な種類の深さや径のサンプルホルダーを選択できます。

選択配向やサンプルのつめ方による人的誤差を最小限に軽減する為に、バックローディングサンプルホルダーを使用することができます。

無反射試料板を使用し、ごく微量の粉末試料の測定をすることができます。

フィルター用、粘土用、固体用、気密試料ホルダー等豊富な種類のサンプルホルダーを使用することができます。

  • All
 

セメント評価用 D8 ENDEAVOR

XRDとTOPAS Rietveld 解析 のコンビネーションは、 ホットミール,バイパス,キルンダスト,クリンカーおよびセメントの相定量分析に対して、現代で最もパワフルな技術です。             

DIFFRAC.Loader Software

D8 ENDEAVORとセメントXRD Methodパッケージの組み合わせは、セメント産業にとって完璧なソリューションです。

直接的な相分析は、全体の製造プロセスに沿って原料,ホットミールやダストのような中間製品,クリンカーや最終的なセメント製品の範囲にまで及びます。分析のハイライトとしては、Aliteの結晶多形であるM1とM3を区別する機能と、PONKCS法によって非晶質相の定量分析が行える機能です。 セメント評価用 D8 ENDEAVOR パンフレットのダウンロード

金属・鉄鋼評価用 D8 ENDEAVOR

粉末X線回折(XRD)は、製鉄のプロセスおよび品質管理の分析手法として広く用いられています。

Single Peaks in DIFFRAC.DQUANT

原料中の正確なFeO濃度を知ることは、製鉄工場の温室効果ガス排出削減のキーとなります。

FeOの含有量は、鉱物の濃度と化学両論から直接計算することが出来ます。 高速XRDによって決定したこれらの値は、非常に迅速な滴定の選択肢を与えます。金属・鉄鋼評価用 D8 ENDEAVOR パンフレットのダウンロード.


          

遊離ケイ酸やアスベスト

Construction work of stone cutting by cut off saw

D8 ENDEAVORはごく微量な 遊離ケイ酸 やアスベストを検出・モニターするのに最も適したXRD装置のひとつです。それらは、珪肺や肺がんなどを引き起こすため、適切に管理することが求められています。

鉱物評価用 D8 ENDEAVOR

鉱物の定性分析および定量分析の最も直接的な方法は、鉱物評価用 D8 ENDEAVORによるX線回折(XRD)を行うことです。    

Identification of a long d spacing clay

複雑な地質材料は、TOPASによる 定量分析で正確に分析できます。

さらに、クラスター解析技術を組み合わせることで、膨大なデータ量を迅速かつ自動で相似性と探索マッピングの作成が行えます。 
鉱物評価用 D8 ENDEAVOR パンフレットのダウンロード.

アルミニウム評価用 D8 ENDEAVOR

アルミニウムの生産管理は、X線回折(XRD)の分析タスクの工程が重要となります。

Graphical User Interface Alubath Routine

第一にXRD装置は、精錬現場の厳しい環境に設置することが必要になります。 

そして第二に、常に数百の精錬セルを連続的に調査するという膨大なサンプルスループットが要求されます。

D8 ENDEAVORは、これらの要求に対して、測定時間の削減と分析容量の拡張という技術的な革新で対処します。アルミニウム評価用 D8 ENDEAVOR パンフレットのダウンロード.

各種サポート項目

  • 専任のエンジニアを要するヘルプデスクが、適切にハードウェアとソフトウェアの問題を切り分け
  • インターネット回線を利用したリモートサポートシステム。不具合診断のほか、アプリケーションサポートにも対応
  • ご要望に応じた計画メンテナンスの立案
  • 現地での修理や保守メンテナンス
  • グローバルネットワークを活用した在庫管理システムがダウンタイムを最小限に抑制
  • IQ/OQ/PQなど各種適格性評価サービス
  • インストールや移設計画のサポート

Brukerサポートサイト

サポートサイト で、各種情報にアクセスできます:

  • ソフトウェアアップデート
    登録済みユーザーの方は、オンライン でソフトウェアアップデートファイルを入手できます

  • マニュアル類
    製品マニュアル、インストールガイド(英文)は、 オンラインで入手できます

お問い合わせはこちら

お電話で

リクエストフォームで