環境分析

重金属分析

重金属を特定し、エアフィルター、土壌、飲料、食品、玩具、化粧品、消費者が接触する前のその他の製品を含む様々な材料に存在する量を決定する方法について説明します。ブルカーは、様々な材料中の重金属の存在を特定し、規制遵守のためにその濃度を決定するための複数のソリューションを持っています。

XRF

XRFの環境アプリケーション

蛍光X線分析による重金属の元素分析

重金属の濃度が高くなると、すべての生命体にとって危険であることが知られています。 消費者向け製品を使用する前に、その存在を確認し、その濃度が天然素材と製造素材の両方で規制値以下であることを確認することは、極めて重要です。

XRFは、様々な材料に含まれる重金属の元素分析を行うための高速かつ非破壊の技術です。ブルカーの元素分析装置には、ハイスループットのラボ用ED-XRFおよびWD-XRF、ポイント&シュートのハンドヘルドXRFマイクロXRF全反射XRF(TXRF)スペクトロメーターが含まれます。

ポータブルXRFは、危険なレベルの重金属を含むあらゆる材料のスクリーニングに最適です。 液体、固体、土砂、粉体、クリーム、削りくず、チップなど、あらゆる形状の物体を、場所を問わずに分析することができます。

TXRFは、ICP-OESやAASの感度を持ち、外部校正や高いメンテナンスコストを必要とせず、非常に低い濃度レベルの重金属分析が可能です。TXRF元素分析は、ICPよりも大幅に高速で「環境に優しい」方法です。

マイクロXRFは、材料中の重金属の密度分布をマッピングし、重金属がどこに蓄積しているかをよりよく理解することができます。 この技術は、生体試料を評価する際に特に重要です。