X線回折装置(XRD)

D6 PHASER

世界初のベンチトップXRDプラットフォーム:粉末X線回折(反射法配置・透過法配置)、薄膜測定(すれすれ入射測定・反射率測定)バルクサンプル測定(残留応力・極点図解析)対応

All-in-One Benchtop XRD

It’s all you need

比類ないベンチトップXRDプラットフォーム

Powerful
最大1200W出力
ベンチトップXRDで最も高いX線出力
Versatile
3 / 6 / 8
3種のX線発生器、3種の検出器、6種のサンプルステージ、8種のアプリケーションの組み合わせによる無限の可能性
Accessible
最高のデザインで最高のデータを
≦±0.01oの測定角度精度保証とDBO(Dynamic Beam Optimization)による高効率なデータ取得アルゴリズム
D6 PHASER Configurator
Build your own

XRD has changed

ベンチトップX線回折装置の新世界


「D6 PHASERは、コンパクトサイズと比類のない柔軟性を備えたXRDソリューションの新世代プラットフォームです」
Frank Burgaezy, President, Bruker AXS

ブルカーは60年以上にわたり、学術分野から産業界のユーザーを下支えする革新的な分析装置を開発してきました。われわれの分析ソリューションは、最先端技術と最高のパフォーマンスの象徴となっています。世界中のユーザーにすぐれた技術を提供する一方で、最新の分析手法をより多くのユーザーにもご利用いただけるよう、長年邁進しています。

分析装置の使いやすさを牽引するのが、ベンチトップ型分析装置シリーズです。データ品質、堅牢なハードウェア設計、信頼性の高い結果へのこだわりなど、据置型分析装置で培われたDNAを、小さなフォームファクターへ凝縮しています。

D6 PHASERは、操作性と柔軟性を兼ね備えた画期的なベンチトップXRDプラットフォームです。従来のベンチトップ装置とは異なり、粉末X線回折を超えた高度な分析手法を実現します。D6 PHASERは、その幅広いアプリケーションにより、XRDの門戸を広げ新たなユーザーコミュニティを開拓します。

Powerful:パワフル

史上最高レベルのX線出力、コンパクトなゴニオメーター半径、実績のあるLYNXEYE検出器シリーズ、用途に適したビーム光学系を組み合わせることで、既存の大型XRD装置を凌駕します。

  • 最大1,200WのX線出力:外部冷却水不要
  • すぐれた信頼性のゴニオメーター
  • 高エネルギー分解能LYNXEYE XE-T検出器
  • 電動ビーム光学系(オプション)

Versatile:多目的

「D6 PHASERのプラットフォーム設計は、ベンチトップXRDを標準的な粉末X線回折の枠を大きく拡張しました」
Karsten Knorr, Global Product Manager XRD

D6 PHASERの特徴のひとつは、基本的な粉末X線回折だけでなく、様々なタイプの測定にシステムを適応させることができることです。まさに、あらゆる実験に対応する汎用的な基盤となっています。

  • 反射法測定と透過法測定
  • 雰囲気制御測定
  • GID測定、XRR測定、残留応力測定、極点図測定

Accessible:使いやすさ

特別なトレーニングは必要ありません。XRD分析法に関する豊富な知識に基づいて設計された使いやすいソフトウェアと、自動化されたアクセサリーにより、ユーザーは直感的なステップで分析を進めることができます。

  • DBO (Dynamic Beam Optimization)コンセプト
  • タッチパネル操作
  • 多彩なサンプルステージと光学系の組み合わせ

D6 PHASERのメリット

いつでも最適解を

D6 PHASERが様々なサンプルや測定に対応できるよう、複数のステージや光学系設計を見直しただけでなく、ケーブル接続のためのまったく新しいインターフェースが導入されました。これにより、ユーザーご自身でステージの交換や追加が容易となります。D6 PHASERは、基本的な粉末X線回折測定だけでなく、多くの測定手法に適応しました。

  • 高精度メカニカルマウントインターフェース
  • 容易なコネクターカップリング型ケーブル
  • DA VINCIインターフェースによるユーザーガイド
  • ステージ交換後のアライメント精度は±0.01°2θ以内を保証
精密なメカニカルインターフェースと簡便なケーブル接続
2Dパターンでサンプリングの最適化

従来の2D-XRD測定は、サンプル上の限られたエリアを指定し、大きな検出器を組み合わせて実施します。これは、スペースに余裕のある大型装置では効果的です。しかし卓上装置では、2D-XRDはサンプルの粉砕度合いをチェックしサンプル調製の最適化を進めたり、相同定における反射を関連付けたりする用途が効果的です。D6 PHASERは、2種類の2Dパターンの取得が可能です。PHI 1DとBRAGG2D(特許取得済み)は、LYNXEYE検出器シリーズのいずれかと組み合わせて、集中法光学系の広いX線照射面積を最大限に活かして、2D回折パターンを記録します。この測定モードは、装置構成に依存することなくすべてのD6 PHASERで利用できます。 

  • 特別な要件なし:LYNXYE検出器シリーズのどの構成でも実施可能
  • フルサイズビームを使用した高強度高速スキャン
  • X線照射面積が大きいため、サンプル粉砕や調製の程度を適切に評価可能
粉末XRD測定に不適な粗大結晶を含むサンプルのPHI 1D測定モードにおける2Dパターン例。スキャン時間5分
機能を拡張できる回折プラットフォーム

D6 PHASERは、最もパワフルかつ汎用性の高いベンチトップXRDプラットフォームです。D6 PHASERのプラットフォーム設計は、今後何年にもわたり、多くの新しいツールやアクセサリーが登場する際に、そのコンセプトを拡張することができます。新しいXRD測定アプローチの登場に伴い、ブルカーではD6 PHASERの機能を拡張する新しいアタッチメントの創生を可能にし、既存装置への実装を実現します。

  • 反射法から透過法、平板サンプルやフィルムサンプル、バルクから薄膜、大気雰囲気から雰囲気制御、あらゆるXRD測定に対応したさまざまなステージ
  • 固定および電動スリット、ソラースリット、エアスキャッタースクリーンの組み合わせで、容易な測定条件の最適化を実現
D6 PHASER – XRD測定プラットフォーム
自動検証で常に信頼性の高い測定結果を

ガイダンス機能と使いやすいインターフェースは、測定結果に対する信頼感を高めます。装置を最大限に活用するための最適な状態を、以下のステップでいつでも検証・維持することができます。

  • スタートアップ検証:起動時には検証ステータスが未知であることを示す黄色のアイコンを表示
  • タッチパネルインターフェース:ユーザーフレンドリーなタッチパネル操作により専用のPush-Buttonで検証プロセスを開始
  • 評価パラメーター:検証中、装置は測定範囲の4つのピーク位置、相対強度比、および半値幅を評価
  • レポートとアイコン表示:検証後、包括的なレポートとシステムの準備状況を視覚的に表すアイコンを表示
  • インジケーター:緑の笑顔アイコンは、システムが使用可能な状態であることを示し、赤のしかめ面アイコンは、新しい基準値を適用する必要があることを示します。参照と検証ボタンを押すと、このプロセスが容易になり、ゴニオメーターの軸が仕様内にあることが確認されると、緑のスマイルが表示されます
指先ひとつでパフォーマンス検証

D6 PHASERアプリケーション

誰にでも使いやすいXRD

XRDは、材料の元素を直接分析することはできませんが、原子がどのような配列になっているかを検出できる点がユニークです。D6 PHASERのような装置が利用できるようになるにつれて、この技法は市場や科学分野に広く採用されるようになりました。経験豊富なユーザーの声を反映した設計により、誰にでも信頼性の高い高品質なXRD測定結果を得ることができます。その結果、ユーザーはその解析に集中でき、一歩進んだ材料情報を得ることができます。

幅広いサンプルに対応

D6 PHASERはサンプルの形状を問わず、様々な測定に対応します。例えば、平板やキャピラリーサンプルの透過法測定から、バルクサンプル、薄膜やコーティングサンプルなどです。サンプルホルダーとステージアクセサリーは、簡単に取り付けられるため、新たなサンプル測定へのニーズを満たすことができます。

置く場所を選ばないXRD

過去の卓上型XRD装置は、そのサイズによっていくつかの制限がありました。例えば、最大X線発生出力、汎用性、使いやすさなどです。そして、古典的な粉末X線回折に限定されていました。D6 PHASERは、妥協のない測定結果と、さまざまな測定の両立を図っています。

D6 PHASER 仕様一覧

機能

仕様

メリット

ゴニオメーター

Theta / Theta

角度精度

粉末測定時にはサンプルは常に水平保持

アライメント精度Δ2θ≦±0.01o保証
付属のコランダム標準サンプルで検証可能

X線発生器

40 kV

600 W または 1,200 W

冷却送水装置

内蔵

外部

すべてのX線発生器において外部送水装置は不要

オプションで選択可

検出器

SSD 160-2

LYNXEYE-2

LYNXEYE XE-T

(*) 検出器保証

160チャンネルの半導体1次元検出器

超高速1次元検出器 (*)

超高エネルギー分解能1次元検出器 (*)

検出素子生存保証

サンプルステージ

固定ステージ

回転式シングルまたは12ポジションサンプルチェンジャー

BTS 150/500

キャピラリーステージ

ユニバーサルステージ

反射法およびフィルム透過法測定用

不均質サンプルの平均化、高いスループット

温度アタッチメント

キャピラリー透過法測定用。選択配向の影響を低減

GID/XRRおよび残留応力/極点図解析用Omega/Z駆動ステージ

電源仕様

100 - 240 V AC、AC200 - 240 V

47 - 63 Hz

600 W以下のX線発生器(壁コンセント対応)

1,200WのX線発生器用

制御

外部PC

一体型タッチパネル

Windows 10/11、64ビット

基本操作、装置ステータスモニター、Push-Buttonによる測定実行と自動解析

サイズ

高さ × 幅 × 奥行き

重量

700 × 885 × 677 mm

160 kg以下(構成による)

安全性

CEコンプライアンス

漏洩X線基準

機械安全性(EN/ISO12100:2010)、電気安全性(2014/35/EU) 電磁両立性(2014/30/EU)

指令2013/59/EURATOM、安全回路はEN ISO 13849-1、性能レベルE、DIN 54113パート2に適合

DIFFRAC.SUITEソフトウェアによる PLAN.MEASURE.ANALYZE

DIFFRAC.SUITEソフトウェアソリューション は、Plan. Measure. Analyze. をコンセプトに、シームレスで直感的な体験をユーザーに提供します。XRD分析法に関する豊富な知識を活用し、分析プロセスを通してユーザーをガイドします。

DIFFRAC.SUITEのソフトウェアパッケージは完全な機能を備えており、妥協することなく、最も簡単に測定メソッドを作成し、最もパワフルで正確な分析結果を提供します。

DIFFRAC.SUITE MEASUREMENT CENTERと、一般的なデータ評価のためのDIFFRAC.EVA、位相識別のためのCODデータベースは、企業向けには2つ、アカデミックユーザーへは10ライセンスが含まれます。

コンフィギュレーションの計画

ユーザーは、装置のグラフィック表示であるDaVinciを使って、測定に適したコンポーネントを設定することから始めます。当社のソフトウェアは、装置のセットアップを行うための明確な指示とガイダンスを提供します。

WIZARDによるメソッド・プランニング

WIZARDツールは、ユーザーが測定用のメソッドファイルを計画することを可能にします。インタラクティブなテンプレートによるステップバイステップのガイダンスを提供し、可変ステップサイズ、可変計数時間(VCT)、非アンビエント温度プロファイル、テクスチャー、応力、斜入射回折、X線反射率測定などの高度な機能を含む、さまざまな測定を定義することができます。

COMMANDERによる測定実行

COMMANDER は、D6 PHASER で測定を実行するための複数の方法を提供します。即時測定インターフェースは、ジェネレーターのパワー、設定された軸、スキャン条件など、装置を直接制御します。このインターフェースは、DaVinciで選択したコンポーネントに基づいて動的に調整されます。また、JOBインターフェースでは、WIZARDで生成されたメソッドファイルを使用して測定を開始できます。プッシュボタンインターフェースも用意されており、ワンクリックやタッチスクリーン操作でメソッドファイルを実行できます。

保管と分析

測定結果は結果データベースに保存され、ファイルとして特定の場所に保存することができます。当社のソフトウェアは、自動分析ルーチンと包括的なスクリプト・プラットフォームを提供し、ユーザーは分析を開始し、結果をデータベースに直接保存することができます。

アクセスと管理

DIFFRAC.SUITEは、分析アプリケーションとともに、ユーザーデータベースによるアクセス制御を提供します。これにより、適切な人が適切な機能にアクセスできるようになります。また、このソフトウェアはGxPに対応しており、規制産業向けの21 CFR Part 11プロトコルに準拠しています。

サービス&サポート

コンタクト