RoHSスクリーニング

電子機器の存在感が高まる中、電子廃棄物もこれまで以上に速く生産されています。近年、EUなどでは、電子廃棄物のリサイクルを推進し、電子廃棄物生産の増加に伴う健康・環境リスクを低減するために、複数の規制を設けています。RoHS指令(特定の有害物質の使用制限)は、電子機器での使用を制限することによって、有害物質が電子廃棄物の流れに入るのを減らすことを目的としたルールセットの1つです。これらの制限物質には、重金属(鉛、水銀、カドミウム)、六価クロム、ポリ臭化難燃剤(PBBおよびPBDE)およびフタル酸エステル類が含まれます。RoHSは特定のレベル以上のこれらの材料を含む特定の電子製品が輸入、製造または販売されることを防ぎます。また、これらの商品の製造業者および輸入業者および販売業者の両方に対する特定のテスト、文書化、検証義務も規定されています。

家電製品に加えて、産業用電子機器のほとんどは、医療機器や制御装置を含むROHS規制の対象となっています。

蛍光X線(XRF)は、これらの制限された元素のスクリーニングの速い、非破壊的な方法を提供します。小さなスポット解析は、M1 MISTRAL マイクロXRFがRoHSスクリーニングに最適なサンプルサイズと一致する必要があるため、より良い解析を実現させるために重要です。選択可能なコリメータサイズは0.4 mm~1.5 mmで、個々の部品やケーブル、バルクサンプル(金属、はんだ、原材料)、大型回路基板を正確に分析できます。

M1 MISTRALベンチトップマイクロXRF分光計は、製品が環境に優れていることを証明するため、測定精度と使いやすさのユニークな組み合わせを提供します。それは電子工学、金属およびプラスチックちゅ中の特定元素の広い範囲の分析を可能にします。一般的なアプリケーションの 1 つは、はんだ付け材が RoHS に準拠し、1000 ppm 未満の鉛を含むを確認することです。M1 MISTRALを使用すると、バルクはんだバーや完成した回路基板から、幅広いサンプルで簡単に行うことができます。ビデオ顕微鏡とプログラム可能な電動XYZステージを組み合わせることで、ユーザーは正確に目的の場所で測定を行うことができます。

Micro-XRF技術は、生産プロセスまたは材料受け入れ検査内の様々な重要な元素を監視するために広く使用されています。M1 MISTRALは、IEC 62321 RoHS XRF試験方法およびASTM F2617試験法に従ったRoHSスクリーニングを可能にし、合理的な試験プログラムの一環として規制遵守を保証します。また、消費者製品安全性向上法(CPSIA)、EUパッケージング指令、廃棄自動車 (ELV)指令などの他の複数の規制で電気製品やその他の消費者製品のコンプライアンスを検証するためにも使用できます。この汎用性、使いやすさ、および完全に非破壊的な分析により、micro-XRF技術は、製品が完全に準拠し、人と環境に対して安全であることを確認するための理想的なスクリーニング方法になります。