MOBILE-IR II FT-IR 分光計

MOBILE-IR II は、真のラボグレードの性能と、風雨や強い振動に耐える堅牢な構造(IP65)を兼ね備えた、世界で唯一のポータブルFT-IR分光計です。

ラボグレードの性能  

堅牢な構造。モバイルデザイン。

ハイライト

モバイル赤外分光計のベンチマーク

ラボからフィールドへ:MOBILE-IR II

MOBILE-IR II の特徴紹介
MOBILE-IR II を用いた測定の様子
私たちのステートメント

最高のパフォーマンスと最高の耐久性

MOBILE-IR II は、どこにでも持ち運べる、真のラボグレード性能を備えたモバイル FT-IR 分光計です。外出先でも、性能を犠牲にしたり、信頼性やスペクトル品質を妥協する必要はありません。IP65の認定を受けたこの装置は、風雨や強い振動に対して耐久性を備えています。

MOBILE-IR IIの特徴:

  • 無冷媒MCT検出器(TE-MCT)
  • 堅牢設計(IP65)、防振ベースプレート採用
  • 大容量リチウムイオンバッテリー内蔵
  • 加熱可能なダイヤモンドATR結晶
  • 超堅牢なキャリーケース(IP67)
  • OPUS TOUCHオペレーティング ソフトウェア
  • RockSolidTM 干渉計(寿命>10年)
  • CenterGlowTM光源(寿命>5年)
  • ダイオードレーザー (寿命>10 年)

MOBILE-IR IIのメリット:

  • 液体窒素を使用しないラボグレードのFT-IR性能
  • 完全防塵で、水や湿気に強い
  • インフラや電力網から独立した運用
  • デバイスとアクセサリーを簡単かつ安全に輸送
  • 10分程度のトレーニングで使用可能な、初心者に易しいソフトウェア
  • 高品質な長寿命コンポーネント
  • 主要な光学部品の延長保証

特長

MOBILE-IR II と一緒に出かけよう!

MOBILE-IR II は OPUS TOUCH を搭載したタブレットPCで制御

TE-MCTにより、パフォーマンスの向上と測定時間の短縮を両立

電子冷却型MCT検出器を搭載することで、スペクトルの感度が向上します。この高速応答型検出器は、DTGS検出器と比較して、測定時間を半減し、S/N比を2倍に向上させます。

もう一つのメリットはスペクトルの安定性の向上です。特に、衝撃や強い振動(例:倉庫内、建築現場)などの外部環境の影響を排除するのに有効です。

加熱可能なATR結晶が、実用性と柔軟性を提供

MOBILE-IR IIのATRプリズムは、標準のトラフバージョンとオプションの平面バージョンのどちらを選択しても、加熱することが可能です。これにより、溶媒を蒸発させたり、温度制御して測定を行うことができます。

Wi-Fi、イーサネット、クラウド、USB - 選択オプション

MOBILE-IR II への接続方法とデータへのアクセス方法を、お客様が決定することができます。分光計とPC間は、ケーブル接続の他、ワイヤレス接続がオプションで用意されています。

データの完全性と安全性は、決して妥協しません。

データの安全性と完全性は、多くのユースケースで重要です。そのため、MOBILE-IR II は、クラウド接続や MS SQL を介した LIMS や MES へのデータ転送など、すべての標準的な接続オプションを備えています。


堅牢なPC、堅牢な分光計、そして使いやすいソフトウェア

堅牢な分光計には、堅牢なPCが必要です。付属の堅牢なタブレットPCは、IP67の認証を取得しています。タッチタブレットPCを使用すると、ノートPCを使用したときのような不便さはなく、立ったまま、座ったまま、しゃがんだままでも測定し分析することができます。

OPUS TOUCHは、指またはマウスとキーボードを使用して、どの PC でも使用できるスマートなソフトウェアです。
キャリーケースは頑丈で、実用的にどこにでもMOBILE-IR IIを持ち運ぶことができます。

堅牢性

MOBILE-IR IIは、ブルカーが誇るRockSolidTM キューブコーナーミラー干渉計を搭載しています。10年以上にわたり、困難な作業環境に直面した場合でも、最高の安定性と信頼性でFT-IR測定のベンチマークであり続けています。必要なときにいつでも持ち運べるラボと言えます。

装置一式を輸送可能

MOBILE-IR II はすでに高耐久化されており、どのような環境にも対応できます。
しかし、FT-IR分光計をどこにでも持ち運べるようにするには、移動用の頑丈なソリューションが必要です。付属のキャリーケースは、すべてのアクセサリーとタブレットPCを収納できるだけでなく、ジェット水流や高さ2mからのコンクリート床への落下にも耐えることができます。

1日中使えるバッテリー

MOBILE-IR IIの内蔵バッテリーは、オフグリッド運用時や現場での活動時に電力を供給します。インジケーターは、充電残量(100/75/50/25%)を表示します。

厳しい環境にも対応

金属製のケーシングで密閉されたFT-IR分光計は、環境の影響から内部コンポーネントを保護し、その寿命を延ばします。

梱包 - 移動 - 開梱

MOBILE-IR II とその付属品のために特別に設計されたキャリーケースは、必要なものをすべて収納できる広いスペースが確保されています。整理整頓された実用的なケースは、まるで手荷物で旅行しているような感覚です。

アプリケーション

モバイル FT-IR アプリケーション

MOBILE-IR IIは、探検家、緊急対応者、薬物防止機関、法執行機関など、世界中をより安全にするために真のラボグレードのモバイル性能を必要とするすべてのお客様のために作られました。しかし、これは最初の一歩に過ぎません。ブルカーは、現場対応のFT-IRが産業分野での生産性の向上に大きな変化を生み出し、さらなる多くのアプリケーションを想定しています。原材料の品質管理から、生産ラインでの製品検査まで幅広く対応します。

モバイルまたはポータブルなラボ

MOBILE-IR II を使用することで、消防士、警察、税関などの緊急対応者が、爆発物などの有害物質や危険物質を最初に検出することができます。モバイルラボのもう一つの用途は科学捜査で、捜査や逮捕の際に違法な物質を検査する必要がある場合や、化学物質の迅速な同定が必要な場合に使用されます。

倉庫や生産ラインでのモバイル品質管理

商品の迅速な対応が求められるため、新しい商品を準備してラボに送る時間が常にあるとは限りません。MOBILE-IR II は、倉庫にラボを持ち込み、日常的な品質管理の効率を向上させます。MOBILE-IR IIは、作業環境に応じて作られており、事前のトレーニングなしで誰でも操作できます。

ドッキングエリア外でのポリマーリサイクル

使用済みプラスチックは、大量にリサイクル工場に持ち込まれます。このようなプラスチックは、輸送中に識別および選別することができます。これにより、サンプルの準備とラボへの搬入の時間を節約することができます。

音楽フェスティバル会場での薬物防止

会場でベース音が流れているとき、装置には耐衝撃性が求められます。ここでは、地元のNGOや政府機関が、違法薬物に致命的な汚染物質が含まれていないかを検査し、人々の安全を確保することで、被害を減らそうとしています。

ニュース&イベント

OPUS TOUCH Release 5|MOBILE-IR|2022年 第3四半期

新機能:データベースサポート

  • TOUCHは、測定データとレポートファイルをローカルまたは外部データベースに直接保存できるようになりました。

新機能:専用ワークフローを含むマルチ解析サポート

  • スペクトルビューから、または専用ワークフローから、直接、MEV-メソッドを実行できるようになりました。また、マルチステップ解析や成分計算などの拡張機能もサポートします。

新機能:CSVファイルの自動生成

  • スペクトル解析後、直接、CSVレポートを自動生成できます。LIMSシステムへデータを渡す際に特に有効です。

新機能:ネットワークドライブへのアーカイブ接続

  • TOUCHアーカイブから、直接、ネットワークアクセスを許可することができるようになりました。また、アーカイブの物理的な位置と各ボリュームの空き容量に関する追加情報が詳細に表示されるようになりました。

新機能:ユーザー固有のホームスクリーン

  • 各オペレーターが個別に割り当てられたホームスクリーンを使用することができるオプションです。

詳細

資料ダウンロード

当社のモバイルFT-IR分析装置とソリューションの詳細については、こちらから資料をご確認頂けます。