FT-IR 分光法ソフトウェア OPUS

OPUS TOUCH

OPUS-TOUCH_banner

OPUS TOUCH

OPUSパッケージ

OPUS TOUCH

FT-IR用の本格的タッチ操作ソフトウェア。FT-IR初心者向けの使いやすさと、熟練者向けの完全な機器制御を両立。

OPUS TOUCH

直感的なタッチスクリーンIR分析

特長:

・ピンチ操作などに対応したマルチタッチ
・ガイド機能付き材料確認試験及び同定分析
・研究開発ワークフローにも対応
・IRプロセス/評価ツールに完全対応
・自動レポート作成機能とデータアーカイブ
・cGMPと21 CFR p11に準拠
・広範なユーザー権限管理
・分光計のライブステータス管理
・測定データを自動メール転送

OPUS-TOUCH対応:

スマートなタッチコントロールの導入により、分析機器がより身近なものになりました。日常的な用途では以前からタッチスクリーンが利用されていますが、分光装置の場合、ソフトウェアのデザインにおいてさまざまな課題がありました。

OPUS-TOUCHは、スリムなデザインと優れた機能を両立させ、IRスペクトルの取得、処理、解析のために本格的に最適化されたソフトウェアです。

OPUS-TOUCHのツールセットには、必要な機能がすべて含まれています。材料はクイックコンペア機能によって検証され、確実な結果が提供されるほか、市販またはユーザ独自のライブラリによるスペクトル検索機能では未知試料が同定されます。ルーチンタスク用に事前定義されたワークフローにより、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上し、測定実行に必要な時間が最小限に抑えられます。

さらには、ランベルト・ベールの法則による定量分析や、スペクトルの特性評価のためのピークピッキング機能、重複するバンドを分離する微分計算などが用意されています。

自己診断分析レポートは常に評価結果の完全な概要を提供し、例外なくすべてのデータが、内蔵されたデータアーカイブに確実に保存されます。

OPUS-TOUCHはお使いのハードウェアを監視し、現在のシステム全体のステータスをユーザに通知します。分光計のコンポーネント状況、有効性、運転性能適格性評価(OQ、PQ)に関する詳細情報に簡単にアクセスできるほか、必要に応じて、完全自動化の機器テストルーチンを開始することができます。