FT-IR 分光法ソフトウェア

OPUS TOUCH

OPUS TOUCHは、タッチ操作に最適化された完全な赤外分光ソフトウェアです。FT-IRの初心者には最高の操作性を、エキスパートには完全な装置制御を提供します。

生産性の向上

すべての人のために

特長

生産性、耐障害性、接続性のためのIRソフトウェア。

明確な道筋、明確なソリューション

OPUS TOUCHの開発目的はただ一つ、ルーチンワークから複雑な研究調査まで、その生産性を向上させることです。

ここでは、タッチ中心の操作コンセプトが重要な役割を果たします。赤外分光データの測定、解釈、処理が、これまで以上に直感的に行えるようになりました。指で数回タッチするだけ(またはマウスをクリックするだけ)で、すべてが利用可能になります。

私たちが目指したのは、ユーザーがより生産的かつ迅速に測定を行い、データを簡単かつ安全に共有、レビュー、アーカイブできるようにすることです。 史上初めて、FT-IR ソフトウェアは、データを操作および処理する 1001 の手法に焦点を当てるのではなく、単に結果を取得して、それを解釈することに焦点を当てました。

それは、生産性の最も純粋な形であり、約束事でもあります:曖昧さはない。透明性はある。

 

使用方法

仕様

今までにない高い生産性を実現するFT-IR分析ソフトウェア

OPUS TOUCHを最大限に活用するために、タッチセンサー搭載のスマートなハードウェアを使用します。ブルカーでは常に一体型タッチパネルPCを推奨していますが、OPUS TOUCHは市販のハードウェアにも対応しています。キーボード、マウス、モニターを備えたコンピュータを好むか、ポータブルなWindowsタブレットを好むかは、あなた次第です。

  • タッチ、キーボード、マウス操作に対応
  • ピンチズームなど、標準的なタッチ機能をサポート
  • MEV法におけるマルチステップ解析とデータ処理
  • ガイド付き材料検証および定性分析
  • 研究開発用ワークフローカタログ
  • TRSデータのタッチ操作に最適化された3D表示
  • 最適化されたTRSメソッド設定
  • 簡単なマニュアルとドキュメント
  • IRデータ処理/解析ツール一式
  • 自動レポート作成、データアーカイブ(pdf、csv)
  • 外部・内部データベースのサポート
  • ネットワークアーカイブの取り扱い
  • cGMPおよび21 CFR p11に準拠
  • 充実したユーザー権限管理
  • 分光計のライブステータスコントロール
  • データから電子メールへのサポート

OPUS TOUCH 動作環境

動画

ソフトウェア入門チュートリアル集

入門#1
入門#2
入門#3
入門#4
入門#5
入門#6