MRMS

磁気共鳴質量分析装置(MRMS)

MRMS は、分解能と質量精度の両方において質量分析の最高峰です。
MRMS

磁気共鳴質量分析装置(MRMS)

ブルカーのscimaX®とsolariXシリーズはMRMS(磁気共鳴質量分析)テクノロジーを採用しています。一般的なFTMSテクノロジーと比較して、これらの装置は比類のない極限分解能と質量精度を特徴としています。これにより、幅広い質量範囲のIsotopic Fine Structure (IFS) 分析を日常的に行うことができ、化合物の同定に比類のない信頼性が得られます。

MRMS

MRMSテクノロジー

極限分解能
scimaXシステムの他の追随を許さない極限分解能により、研究者は他のタイプの質量分析計のデータでは見ることのできない、隠された重要な情報を見ることができます。この高度なテクノロジーは、広い質量範囲でSub-ppmの質量精度を提供し、IFS分析や分子式確認に必要不可欠なものです。化合物の同定に比類のない信頼性が得られるとともに、さまざまな分野の専門家のニーズに対応し、分析上の問題に対して効率的かつ正確なソリューションを提供します。


Isotopic Fine Structure (IFS)
原子を数える – Isotopic Fine Structure は、元素組成を可視化し推測を排除します。

MRMS

MRMS アプリケーション

ブルカーの極限分解能 Magnetic Resonance Mass Spectrometry (MRMS)テクノロジーは、他のタイプの質量分析計のデータでは見ることのできない、隠された重要な情報を見ることができます。この高度なテクノロジーは、さまざまな分野の専門家のニーズに対応し、分析上の問題に対して効率的かつ正確なソリューションを提供します。Isotopic Fine Structureはこの技術のユニークな価値であり、これまでは推測を必要としていた化合物の同定に比類のない信頼性をもたらします。

「MRMS の極限分解能により、次世代のメタボタイピング、すなわち動的な生物学的/化学的プロセスに関連する何百もの既知代謝物と何千もの新規代謝物を、同時かつ迅速に記述することが可能になりました。

 

Prof. Philippe Schmitt-Kopplin, Analytical BioGeoChemistry, Helmholtz Zentrum München, Germany

Service & Support

For Research Use Only. Not for use in clinical diagnostic procedures.