MRMS

scimaX®

2xR MRMSテクノロジーを搭載したscimaXで、諦めていた領域に手が届きます。

自信を持った同定

極限分解能によるルーチンIFS解析

scimax-web

ハイライト

MRMS

scimaX® – taking science to the max

信頼性
Sub-ppm質量精度とIsotopic Fine Structure (IFS)により、既知および未知の物質に対して信頼性の高い分子式の帰属が可能になります。
汎用 性
ESIおよびMALDIソースが標準装備され、様々なAPIソースと互換性があります。また、いくつかのイオン活性化技術が含まれています。
簡単に…
... 設置・メンテナンスが容易です。標準的なラボに設置でき、クエンチラインおよび液体ヘリウムの充填は必要ありません。

特長

MRMS

scimaX® - MRMSテクノロジーを搭載

技術革新から生産性を高めるというブルカーの伝統を引き継いだscimaX®には、いくつもの革新的なコアテクノロジーが含まれており、高磁場MRMSに匹敵する性能をすぐに手に入れることができます。

特許取得済みParaCell 2xR検出器
scimaX®にはParaCell 2xRとAMP検出技術が標準装備されています。ParaCellは従来のMRMSセルストラテジーとは一線を画しており、他の検出スキームを数桁上回る分解能を実現する広範なイオン安定性を提供します。ParaCellと吸収モード処理アルゴリズムの組み合わせは、Isotopic Fine Structure (IFS) 情報への日常的なアクセスのための必須条件です。

ブルカーの2xR MRMS装置は、マグネトロン制御技術と最新の高感度・低ノイズMRMSプリアンプを採用しており、分解能を犠牲にすることなく実験速度と装置の生産性を向上させるという、科学者の長年のビジョンを実現しています。

7T伝導冷マグネットテクノロジー
ブルカーの革新的な7T超電導マグネットテクノロジーは、より小さな設置面積のscimaX® MRMSシステムの基礎となっています。革新的な「伝導冷却」テクノロジーを採用し、液体冷却材の充填や、クエンチダクトの設置が必要ありません。

scimaX®は標準的なラボスペースで操作でき、幅広い科学分野の研究者がMRMSテクノロジーのパワーを利用できます。

ユニークなESI/MALDIデュアルソース
ブルカーの装置だけが、ユニークなESI/MALDIデュアルソースの操作を可能にします。このイオンソースはscimaXに搭載されており、エレクトロスプレーイオン化(ESI)ソースを介して導入された液体サンプル、またはMALDIサンプルのどちらかを使用することができます。この非常に高感度なMALDIソースは、ブルカーのSmartBeam-IIレーザー技術を使用しており、様々なサンプル前処理技術を用いたアプリケーションに、いくつかの小さな焦点径を提供します。MALDIとESIの切り替えはソフトウェアのボタンで制御され、ESI/MALDIの同時操作も可能です。

イオン活性化技術
scimaXには、ECD、ETD、CID、EDD、SORI-CID、MALDI-ISD、NETD機能を含む様々なイオン活性化技術が含まれています。

「scimaXのコアとなる検出技術である2xR ParaCellは、比類ない広範なイオン安定性を提供し、イオン群の合体を緩和することで、他の検出方式よりも何桁も高い質量分解能を実現しています。これにより、幅広い質量範囲で、複雑な混合物のIsotopic Fine Structure解析に必要とされる極めて高い分解能を実現しています。」

Professor Eugene Nikolaev, ParaCell lnventor, Russian Academy of Sciences, Moscow

利点

MRMS

scimaX® – taking science to the max

scimaX®は信頼性の高い同定を可能にします。
Sub-ppm質量精度とIsotopic Fine Structure (IFS)により、既知および未知の物質に対して信頼性の高い分子式の帰属が可能になります。

MRMSテクノロジーを搭載したscimaX

  • 優れた極限分解能と質量精度を提供
  • ルーチンIsotopic Fine Structure (IFS)分析を可能にします
  • 化合物同定に比類のない信頼性をもたらします
scimaX®は設置・メンテナンスが容易です
scimaX®は最新の7T伝導冷却マグネットテクノロジーを搭載したMRMS検出器を内蔵しています。これにより、scimaX®の設置面積は大幅に縮小され、標準的なラボに設置できます。液体ヘリウムの充填もクエンチラインも必要ありません。

scimaX®は統合された汎用性の高い装置です。
ESIおよびMALDIソース、ならびにいくつかのイオン活性化技術(CID, (n)ETD, (n)ECD)が含まれています。ESIソースインターフェースは、様々なオプションのAPIソース(APPI, APCI, GC-APCI)と互換性があります。

scimaX®はbrings “high hanging fruit” within reach…
MALDIイメージング、メタボロミクス、ペトロリオミクスなど様々なアプリケーションに対応しています。日中にESI実験を行い、帰宅時にMALDIイメージングデータを取得することで、24時間体制で生産性を飛躍的に向上させることができます。優れた科学的洞察力とブレークスルーを必要とするプロジェクトは、scimaX®にお任せください。

アプリケーション

MRMS

scimaX® アプリケーション

MALDIイメージング
scimaX®は、小分子から中分子を分析するための究極のMALDIイメージングシステムです。他の追随を許さない極限分解能とSub-ppmの質量精度は、幅広い質量範囲で、わずか数mDaの差しかない画像を差別化することができ、IFS分析や分子式確認のための必須条件となっています。

scimaX®は、複雑な混合物をMALDIの速度と堅牢性で直接分析します。MALDIイメージングを使用してラベルフリーで分子分布を可視化・マッピングし、サンプルの空間的に重要な領域で発生している分子変化を決定します。

大規模コホートのフェノタイピングワークフロー
scimaX®の極限分解能は、クロマトグラフィーを必要としない分析を可能にし、確立されたNMRベースのソリューションを補完します。MRMS aXelerate ワークフローは、LC スループットの制限から解放し、1日に 200 以上のサンプル分析を可能にします。 MetaboScape® ソリューションと組み合わせることで、メタボロミクスおよびフェノミクス研究のための複雑なサンプルにおいて、数百の既知代謝物分子式の自動アノテーションと、数千の未知の分析物の分子式の生成を可能にします。

ペトロリオミクス
MRMSは複雑な混合物分析において数百におよぶ同重体種を解明するために必要不可欠であり、MRMSはペトロリオミクスの業界標準となっています。scimaX®は、従来の規範を打ち破る7Tでのパフォーマンスを可能にしました。

仕様

scimaX

scimaX® 仕様

 

scimaX

Maximum resolving power  

>20M

Mass accuracy (internal)

600 ppb

ESI

yes

MALDI

yes

ETD

yes

Detector

ParaCell 2xR

Magnetic Field

7T cc

Annual Cryogen Fill

no

Quench Line Required

no

詳細