ESI-ITMS

Toxtyper®

Toxtyper®は、シンプルで直感的なユーザーインターフェースを備えた、迅速な毒物検査スクリーニングのための強力なソリューションです。

薬物検査をシンプルに

強力なUHPLC-MSn分析

amazon-speed-toxtyper

ハイライト

Toxtyper 毒物検査

業界最速の自動薬物検査

スピード
業界最速のLC-MSn技術をベースにした自動薬物検査ソリューションを提供します。
シンプル
ユーザーインターフェースは、MSの専門家ではない方のために設計されています - プッシュボタンによるサンプル登録と分析に多くのトレーニングは不要です。
信頼性
MS、MS2、MS3のスペクトルに基づいた化合物IDと保持時間の情報により、信頼性の高い結果が得られます。
再現性
データディペンデントなMSnの取得は、完全に再現性のある同定結果を生成し、機器から機器、ラボからラボへと転送することができます。

特長

Toxtyper

シンプル・スピーディー・信頼性の高い包括的スクリーニング

Toxtyper®は、業界最速のLC-MSnテクノロジーであるamaZon speedをベースにした堅牢で自動化された薬物検査ソリューションを提供します。Toxtyper®は、高性能なLC-MS/MSと信頼性の高い同定を組み合わせ、ラボからラボへのライブラリ検索結果の完全な転送性を提供します。

Toxtyper®ソリューションは、法医学および臨床研究ラボのニーズを満たすために開発されました。特許取得済みのユニークなSmartFrag技術によりデータのばらつきを取り除く、MS/MS解析におけるチューニングの必要性を排除します。

直感的で使いやすいToxtyper®のユーザーインターフェースは、MSの専門家ではない方のために特別に設計されています。プッシュボタン式のサンプル分析は、マルチユーザー環境や24時間365日の運用に最適です。

Toxtyper® の主な特徴:

  • 24時間365日の毒物検査スクリーニングに対応した、調製不要ですぐに使える堅牢なLC-MSnソリューション
  • MSの非専門家のために設計された使いやすいソフトウェア
  • 高品質のスペクトルライブラリーに基づく、包括的で信頼性の高いスクリーニング結果
  • 塩基性、酸性、中性化合物を1回で検出するための高速極性切り替えにより、注入からレポートまで12分以内。
  • 加水分解や誘導体化が必要のない合理化されたサンプル調整、尿サンプルにも対応しています。
  • オープンライブラリコンセプトにより、ドラッグスクリーニングにおける新しい向精神物質(NPS)など、簡単かつ迅速なライブラリ更新を可能にしています。
  • 半定量的な結果へのアクセスを提供

Toxtyper®スペクトルライブラリー

Toxtyper®は、研究毒物学的に関心のある約1200の化合物の約3000のMSnスペクトルを含む高品質のスペクトルライブラリを提供しています。また、乱用薬物(DOA)スクリーニング研究のためのより小規模なターゲットライブラリも提供しています。Toxtyper®は、約6000種類の薬物や代謝物を含む Maurer/Wissenbach/Weber LC-MSnライブラリー*をサポートしています。

*Maurer/Wissenbach/Weber LC-MSn Library of Drugs,  Poisons and Their Metabolites 2nd Edition; ISBN: 978-3-527-34649


オープンライブラリコンセプト

近年、合成カンナビノイドなどの新しい向精神物質(NPS)による薬物乱用が増加しており、常に変化する分析要件のため、スクリーニング方法を迅速に適応させなければなりません。 

Toxtyper®ライブラリーは、お客様や共同研究先からの寄稿で常に更新されています。ユーザー定義のライブラリーエントリーを素早く簡単に作成できるため、検査室は薬物乱用の新しいパターンに迅速に対応することができます。

MS専門家でない方のために設計されたソフトウェア
Toxtyper®は、クロマトグラムやMSnスペクトルビューを使って、ライブラリーの検索結果をワンクリックでレビューし、迅速でインタラクティブな結果評価を可能にするソフトウェアです。

 

識別された化合物は、シグナル強度、保持時間、またはアルファベット順などの様々なパラメータで並べ替えることができます。色分けされているので、レビュープロセスが容易になります。

利点

Toxtyper

真のMSnと包括的なドラッグライブラリを組み合わせたUHPLC

Toxtyper®: 臨床研究と法医学的毒物学のための完全なソリューション
今日の法医毒性学および臨床研究ラボは、ラボの効率化とコスト削減に加えて、迅速かつ正確な結果を求められています。さらに、市場に新薬が続々と登場していることから、サンプルスクリーニング方法の頻繁な更新が必要とされています。

Toxtyper® LC-MSnアプローチとライブラリー検索は、現代の毒物学研究のための、使いやすく、柔軟で信頼性の高いスクリーニングソリューションです。

SmartFragによる再現性と転送性
ブルカーの特許取得済みSmartFrag技術を使用したデータ依存型MSn取得は、化学的性質、濃度、サンプルマトリックスに関係なく、異なるタイプの化合物の分析を成功させることができます。結果として得られるMSnスペクトルと同定結果は完全に再現性があり、装置から装置へ、ラボからラボへと転送することができます。

アプリケーション

Toxtyper

Toxtyper® - 完全な毒物検査ソリューション

包括的スクリーニングから半定量化まで

サンプル調整
Toxtyper®のワークフローでは、液液抽出(LLE)、固相抽出(SPE)、単純なタンパク質沈殿など、確立された様々なサンプル調整方法を使用することができます。タンパク質沈殿法は、迅速かつ簡単に行うことができ、幅広い分析対象物の包括的な分析に適しています。

その一例として、ヒト尿中の薬物の高感度同時検出が挙げられます。尿1 mLの簡単な前処理(液液抽出)を行うだけで、Toxtyper®は0.8 ng/mlまで検出することができます。

感度アップのためのオーダーメイドサブライブラリー
Toxtyper®は、特定のニーズに合わせてより小規模なライブラリーを生成するオプションを提供します。

スクリーニング、確認、半定量化を1回の分析で行う
包括的なスクリーニングに付加価値を与えるために、Toxtyper®とDOAライブラリーを用いた半定量化分析まで拡張することができます。

2つ以上の内部標準物質を用いて標的化合物の1点キャリブレーションを行うことで、その後のToxtyper®分析では、定性スクリーニング結果と半定量値(例えば、標的濃度以上または以下といった)が得られます。

Toxtyper®サブライブラリーを用いた全血中の薬物検出例(0.5 ng/ml)

Toxtyper® ケーススタディ:シュツットガルトの Katharinen 病院における薬物と毒素の分析

免疫学的手法を用いた薬物分析は迅速ですが、必ずしも信頼性が高いとは限りません。利用可能なスクリーニング検査では、簡単に偽陽性となる可能性があります。このような免疫測定の結果を確認するために、複雑で時間のかかるGC-MS分析をシュツットガルトの病院ではこれまでに行ってきました。

2017年3月より、血液、経口液、尿中の薬物や毒素のスクリーニングにToxtyper®システムが使用されています。Toxtyper®は、時間のかかるサンプル前処理が不要で、特異性と再現性、そして信頼性の高い結果を迅速に提供します。さらに、Toxtyper®は、不可逆的な脳不全の神経学的診断に先立って、毒物学的分析において高い安全性を提供します。

事例
めまい、吐き気、嘔吐を伴う34歳の患者が救急外来に入院しました。剖検では薬物の使用が示唆されましたが,患者は違法薬物の使用を否定していました.免疫億艇を用いた尿検査ではアンフェタミン、バルビツール酸塩、ベンゾジアペピン、コカイン、アヘン、大麻は陰性でした。Toxtyper®は、ミトラギニンと、クラトムの木の葉や果実に存在するアルカロイドであるペイナントヘインとスペリオシリアンチンのいくつかの代謝物を同定しました。クラトムはオピオイドの代替品として使用されており、ドイツの麻薬法では規制されていません。

 

ウェビナー

お客様の声

“Toxtyperは、血液、尿、胃内容物などの多様なマトリックスにおける一般的な未知スクリーニング(GUS)のための迅速なルーチンワークソリューションです。私たちは、唾液中のGUSのような新しいToxtyperアプリケーションによって、依存症研究者の厳しい要求に答えています。

 

Toxtyperを使用するメリット "尿サンプルの前処理が統一され、より迅速かつ容易になり、24時間365日システムを利用できるようになったことで、研究室でのサンプルスループットが合理化されました。包括的なライブラリーと組み合わせたすぐに使えるメソッドがメリットです。"

Dr. Michael Böttcher, Head of Toxicology, MVZ Labor Dessau GmbH

詳細

Service & Support