原子間力顕微鏡

MultiMode 8-HR

高分解能・小型試料用AFM(原子間力顕微鏡)
MultiMode 8-HR

ハイライト

MultiMode 8-HR

MultiMode®の長い成功の歴史は、優れた解像度、性能、そして比類のない汎用性と生産性の組み合わせに基づいています。MultiMode 8-HR原子間力顕微鏡(AFM)は、世界最多の納入実績を誇るMMAFM型高分解能AFMに、次世代型高性能AFMコントローラー(NanoScope V)を搭載し、より高速なPeakForce Tapping®AFM技術により、ワンプッシュオペレーションを可能にしたScanAsyst機能及び定量的機械特性マッピング機能のPeakForce QNM、FASTForce Volume、を搭載した画期的なAFMです。

 

 

 

 

 

最高
分解能イメージング
研究者は、タンパク質やDNAの二重らせんなどの分子や生物学的構造の最も詳細な測定イメージを日常的に作成することができます。
簡単
エキスパート品質の測定結果
すべての経験レベルのユーザーが、より速く、より一貫した最高品質の結果を得ることができます。
柔軟性
ニーズに合わせた構成が可能」
AFMを特定の用途に合わせてカスタマイズできるよう、幅広いアクセサリをご用意。

特長

機能

NanoScopeオープンアクセスツールボックス

MultiMode 8-HRは、信号監視、リアルタイムな動作変更、およびカスタムのオフライン解析の実装のためのさまざまなオプションを取り揃えています。標準の NanoScope® ツールには、データの直接 MATLAB インポートおよび ASCII エクスポート用に用意されています。内部信号をモニターし、Virtual SAM で信号入力をカスタマイズしたり、オプションの SAM lll で機能を拡張することができます。オプションのナノリソグラフィーおよびNanoSopeのCOMポート経由にてAFM機能の制御が可能です。NanoScopeオープンアクセス機能を活用することで、独自の試験モードの作成が可能で、オリジナルの試験モードを開発することで、さらに独自のデータセットを取得する事ができるようになります。

信号入力と出力用のナノスコープコントローラ。

PeakForce-HR モジュール

ピークフォースHRを用いて画像化したポリマーブラシ構造。5 Hzでサイズ1μmをスキャンする.S.シェイコ、ノースカロライナ大学、チャペルヒルのサンプルの礼儀。

MultiMode 8-HRは、PeakForce Tappingテクノロジーを最大限に活用するために設計されており、従来のAFMと比較して6倍速のPeakForce Tappingイメージング速度を実現し、性能を損なうことなく大気中でのイメージングが可能です。イメージの最適化により、全ての測定者に再現性のあるエキスパートレベルの測定イメージ品質を提供します。

高度な環境制御

MultiMode 8-HRは、サンプルの加熱/冷却の機能にも対応しています。低域レンジオプションでは、大気中または流体中で-35℃~100℃の間で加熱および冷却が可能です。また広域オプションは250℃まで加熱が可能で、ポリマー相転移の研究に多く導入されています。サンプルの酸化を防ぐガスパージと、針の汚れを防ぐカンチレバーの加熱が特徴的な機能となっています。環境制御用のアクセサリーは、ヒーター/クーラーオプションと一体化したもの、または個別の環境チャンバーをご用意しております。

ポロクサマートライブロックコポリマー(BASFプルロニック)サンプルをピークフォースHRで画像化。室温(左)から、試料は60°C(中央)に加熱すると溶け、55°C(右)に冷却すると再結晶します。10 Hzでイメージされた3 μmのスキャンサイズ。

アプリケーション

AFMモード

AFM モードでアプリケーションを拡張する

使用可能なイメージングモードの比類のないスイートで、Brukerはあらゆる調査のためのAFM技術を持っています。

コアイメージングモードのバックボーン(コンタクトモードとタッピングモード)に基づいて構築されたBrukerは、サンプルの電気的、磁気的、または材料特性を調査できるAFMモードを提供します。Brukerの革新的な新しいPeakForceのタッピング技術は、いくつかのモードに組み込まれた新しいコアイメージングパラダイムを表し、地形、電気、機械的特性データを並行して提供します。

ウェビナー

お客様の声

お客様の声

MultiMode 8のPeakForce Tunneling AFM(PeakForce TUNA)モジュールの導電性原子間力顕微鏡(C-AFM)分析の助けを借りて、ドープされた半導体のナノスケールの位置特異的な導電性を理解することができました。これにより、多くの新材料とそのナノスケールでの電子特性を探求することができました。私たちは過去3年間、MultiMode 8を使用してきましたが、この装置は本当に強力で堅牢だと言わざるを得ません。

インド工科大学(IIT)ガンディナガル(インド) エミラ・パンダ博士

私たちにとって、MultiMode 8はまさに我々の研究に必要不可欠な存在です。年間20本の論文を発表を可能にする、非常に生産性の高い装置です。閉じた少量の液体セルの機能は、非常に貴重なものです。

ジム・デ・ヨレオ博士(太平洋北西部国立研究所)

PeakForce QNM と PeakForce TUNA を組み合わせて使用することで、湿度に敏感なアイオノマーのナノ構造とイオン伝導度分布を、これまでにない品質と分解能で測定することができました。これらのモードを搭載した MultiMode 8 AFM の多様性と柔軟性は、電気化学エネルギー応用のための材料探索の多くの道を開くことになります。

ドイツ応用科学大学レナーテ・ヒスゲン博士

私は最近、NanoScope III MultiMode AFMを新しいMultiMode 8にアップグレードしましたが、AFMイメージを収集するため新しいScanAsystモードがとても気に入っています。これはとてもシンプルで、新入生のトレーニングを楽にしてくれます。先端にレーザーを合わせれば、学生は30分もかからずに自分の画像収集を始めることができます。タッピングモードよりもはるかに簡単で、測定イメージも同様です。かなり感心しました。

マリアンヌ・コリンソン博士(バージニア・コモンウェルス大学)

詳細

お問合せ

お問合せ

※必須フィールドにご記入ください。

名を入力してください
姓を入力してください
電子メール アドレスを入力してください
会社/教育機関を入力してください
私の現在の状況を最もよく表すもの
私は私の近くのウェビナーの招待状、製品のアナウンスやイベントを受信できるように、あなたの電子メールのサブスクリプションリストに私を追加してください。
利用規約に同意してください

このサイトはreCAPTCHAとGoogleで保護されています。 プライバシーポリシー そして サービス規約が 適用されます。.