食品向けのNMR & ESRソリューション

食品エマルジョンの液滴サイズ分布分析

従来のD-Var法と比べて、速度が大幅に向上し分散相の測定限界が低い、新しいG-Var法です。

概要

油中水滴(および水中油滴)エマルジョンの粒径分布は、マーガリン、バター、マヨネーズ、サラダドレッシング、ソフトチーズなどの食品の味、匂い、外観、および微生物の安定性に影響を与えます。

ブルカーのminispecは、液滴粒径分布の迅速かつ正確な分析を可能にすることで、製造メーカーに製品の保存期間や口当たりの良さに関する重要な情報を提供します。新しいG-Var法により、液滴サイズ分布アナライザーは、以前よりもさらに高速でコスト効率の高い分析が可能になっています。

利点

minispec mq シリーズ

従来のD-Var法他に対して、新しいG-Var法のメリット

  • 従来のD-Var法と比較して最大4倍の高速化
  • 液滴相の低い定量下限値(現在は2%に)
  • 従来よりも小さな液滴サイズの測定が可能(現在は油滴0.5~10μm、水滴1~30μm)
  • 全ての方法で最高の正確性
  • 全ての測定法の中で、最も低い測定あたりの総所有コスト

技術詳細

minispec のG-Var法のワークフロー、以前のD-Var法と比較して最大4倍高速

機能、メリット、ワークフロー

  • サンプルの変更や希釈が不要な、最小限のサンプル調製
  • 油中水滴(W/O)および水中油滴(O/W)の両方の液滴を測定可能
  • 顕微鏡、レーザー回折、電気センシングなどの他の分析技術と比べて、同等以上の正確性を実現
  • NMRは、クラスターではなく液滴のサイズを測定
  • ユニリーバ社の標準的なファットスプレッドやドレッシングの液滴粒径分布測定法
  • 非常に高速な手法
  • 全ての方法の中で、最も低い測定あたりの所有コスト

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。