SKYSCAN 1273 banner 2308x800

SKYSCAN 1273

高エネルギー 3D X線顕微鏡

SKYSCAN 1273は2019年発表のブルカーの卓上型3D X線顕微鏡です。卓上型でありながら、最大300mm径、500mm長、20kgのサンプルが搭載可能です。高エネルギーX線源と大面積フラットパネル検出器の組み合わせは、わずか数秒での高品質画像取得を実現しました。

SKYSCAN 1273は歪のない正確な再構成に貢献するヘリカルスキャン、高アスペクト比サンプルのノイズ除去に有効なHART Plusなど多彩な機能を有し、最適なソリューションを提供します。

標準搭載されるソフトウェアスイートは、鮮明な3断面観察やリアリティあふれる3D表示、さらに定量的な画像解析にも展開可能です。

 

 

特長

  • 封入型マイクロフォーカスX線源: X線加速電圧が40-130kVのメンテナンスフリー設計
  • 自動8フィルターチェンジャー: すべてのサンプルに最適なX線エネルギーを選択
  • 高速再構成: GPUアクセラレーションを最大限に発揮するユニークなアルゴリズム
  • 視野拡張スキャン: 検出器を水平方向に動かしてスキャンを行う“オフセットスキャン”、垂直方向にサンプルを移動させてスキャンを行う“オーバーサイズスキャン”による広視野測定
  • ヘリカルスキャン: 歪のない正確な再構成に貢献
  • HART Plus: High Aspect Ratio Tomographyにより、高アスペクト比サンプルのハイスループットスキャンを実現