1 GHz から 263 GHz まで

独立した条件から磁場依存を解く

多重周波数 EPR は、独立した条件から磁場依存を解くツールです。Bruker BioSpin の EPR 製品構成は現在、マイクロ波周波数で 2 桁を網羅します:

  • L- と S-バンド: 1 GHz と 3.5 GHz
  • X-バンド: 約 94 GHz で最も一般的な周波数
  • K- と Q-バンド : 24 GHz と 34 GHz
  • W-バンド: 94 GHz で
  • mm-波: 263 GHz

高周波数 EPR の利点が明らかな一方で、低周波数 EPR は大規模サンプルや in-vivo 研究 (ELEXSYS E540) に完璧な選択です。

 

多重周波数 EPR スペクトルは、シミュレーション (例えば、弊社の XSophe を用いて) をより効果的に表現します。また、幅広い時間的範囲にわたって運動効果も研究できます。

多重周波数 CW-EPR

M40X

CW-EPR システムの大部分は X-バンドで動作します。したがって、多重周波数 CW-EPR への最初の段階は別の動作周波数です。標準 CW-EPR 分光計の場合、以下のために 34 GHz の Q-バンドが最適な選択です...

  • Q-バンドは 3 倍高いゼーマン エネルギーを示します
  • サンプル規模は、外径 3 mm でまだ同程度の大きさです
  • オプションのウィンドウまたは ENDOR を備えた Q-バンド プローブが用意されています

下表は、周波数範囲と、それぞれラジカル種に対する g=2 のフィールド値とともに、最も一般的な EPR 周波数のリストを示します (EPR とは何か? CW EPR 理論も参照)。一般に、弊社の選りすぐりの磁気システムによって、これらの周波数すべてが提供されます。

マイクロ波周波数バンドと磁場

L
S
X
K
Q
W
v (GHz)0.8-1.2
3.4-3.8
9-10
24
34
94
g = 2 (kG)
0.35
1.3
3.4
8.5
12.2
33.5

 

 

多重周波数 FT-EPR、ENDOR および ELDOR

Bruker BioSpin による多重周波数 EPR は CW-EPR のみに限られていません。Bruker BioSpin の EPR 製品によって、CW モードとパルス モードの両方での本当の多重周波数多重共鳴 EPR、ENDOR および ELDOR を可能にします。例えば、中間周波数 (IF-) コンセプトのおかげで、X-バンド E580 システムを Q-バンド (SuperQ-FT) に簡単にアップグレードできます。