Si78 PET CT

他の追随を許さない品質で高速スキャンが可能な、高性能マウス・ラット用トータルボディPET/CT

クラス最高の二つのイメージング技術を一つの装置に集約しました。研究者の皆様にin vivo前臨床イメージングアプリケーションの大きな可能性を提案するため、このソリューションが開発されました。

ブルカーの全視野均一高精度SiPM(Silicon Photomultiplier)PETテクノロジーが、ついに低線量でハイスループットのSkyScanマイクロCTと融合。最高のPET/CTイメージング性能を備えた革新的な装置、PET/CT Si78が登場しました。

PET/CT Si78は、最大80×200 mmの広い有効視野を持ち、均一で高分解能、定量的なPET/CTイメージングが特徴です。

独自の低線量X線技術と、超高速全身3D CTスキャン、定評のあるParaVision 360ソフトウェアと高精度電動動物ベッドを組み合わせることで、ワークフローの簡略化を実現できます

  • マウス・ラット用トータルボディPET
  • 定量精度の高い全視野PET
  • 低線量で高速CTスキャンが可能なため、長期にわたる前臨床研究にも対応可能
  • 洗練されたマルチモーダルin vivoプロトコルやスキャンプログラムを使用したParaVision 360前臨床イメージングワークフロー
  • インタラクティブなジオメトリエディタを採用し、対話形式でスキャン計画の策定が可能
  • タッチスクリーンで高精度な動物の位置調整が可能
  • ダイナミック撮影を実現する、容易なガントリーへのアクセス
  • 麻酔の供給・排気や動物の保温、呼吸やECGセンサを搭載したマウス・ラット用ベッドは、ワンタッチで簡単に脱着

アニマルベッド

ブルカーのアニマルベッドは、前臨床イメージングラボで簡単に使用できるよう設計されています。
ワンタッチで取り付け可能な動物ベッドは、以下の機器用ポートを備えています。

  • 麻酔システム
  • 生体モニターシステム
  • PETカテーテルフィードスルー
  • 心臓または呼吸同期

動物セットアップ用架台

イメージング装置と同じポート類を備えたセットアップ用架台をご利用いただけます。

ソフトウェア

ParaVision 360を搭載。ParaVision 360は、PET、CT、MRIで共通のソフトウェアプラットフォームであり、シームレスなマルチモーダルイメージングへの扉を開きます。

PETの技術的特徴

  • 特許取得済みの連続 LYSO結晶は、光学的不連続点が無く、高分解能のDOI(depth of interaction)技術により、高精度な3Dローカライゼーションが可能となります。この高精度なイベントローカライゼーションにより、ガントリの中央から外れた周辺部においても、高空間分解能を維持することが可能となりました。
  • 均一な空間分解能により、オブジェクトのサイズ、位置や動きを問わず全視野内で一貫した再現性のあるトレーサーの定量化が可能となります。
  • GPUを用いたMLEM(Maximum Likelihood Expectation Maximization)法による超高速(1分未満)画像再構成
  • 感度12%を誇る卓越した計数率特性により、ダイナミック撮像やゲート撮像で高時間分解能と最高の画像クオリティを実現しました。

 

全視野精度(Full Field of View Accuracy)

全視野において3方向全てで均一なサブミリメートルの空間分解能と定量化を実現しました。これはSiPMテクノロジーを用いた連続結晶検出器と10段階以上のDOI検出により可能となったものです。

Graphic 1

PETの技術的特徴

  • 特許取得済みの連続 LYSO結晶は、光学的不連続点が無く、高分解能のDOI(depth of interaction)技術により、高精度な3Dローカライゼーションが可能となります。この高精度なイベントローカライゼーションにより、ガントリの中央から外れた周辺部においても、高空間分解能を維持することが可能となりました。
  • 均一な空間分解能により、オブジェクトのサイズ、位置や動きを問わず全視野内で一貫した再現性のあるトレーサーの定量化が可能となります。
  • GPUを用いたMLEM(Maximum Likelihood Expectation Maximization)法による超高速(1分未満)画像再構成
  • 感度12%を誇る卓越した計数率特性により、ダイナミック撮像やゲート撮像で高時間分解能と最高の画像クオリティを実現しま

全視野精度(Full Field of View Accuracy)

全視野において3方向全てで均一なサブミリメートルの空間分解能と定量化を実現しました。これはSiPMテクノロジーを用いた連続結晶検出器と10段階以上のDOI検出により可能となったものです。

マイクロCTの技術的特徴

  • エネルギー調節可能なマイクロフォーカスX線源と自動フィルター設定機能により、被ばく量を最低限にした最適な撮像プロトコルが実現できます。
  • 高速、高感度なフラットパネル検出器により、造影剤を使用することなくマウスの心臓や肺のダイナミック撮像を行うことができます。
  • 特許取得済みの空間ビームシェイパーは、画像を劣化させることなくX線被ばく線量を1/2~1/5に低減します。
  • 高速GPUによる画像再構成では、ビームハードニング補正、アライメント補正、リングアーチファクトの除去やその他多くのオプションをサポートしています。
  • 個々のX線透過像の情報を元に解析した被ばく線量を、リアルタイムでオンスクリーン線量計に表示します。
Graphic 2

マイクロCTの技術的特徴

  • エネルギー調節可能なマイクロフォーカスX線源と自動フィルター設定機能により、被ばく量を最低限にした最適な撮像プロトコルが実現できます。
  • 高速、高感度なフラットパネル検出器により、造影剤を使用することなくマウスの心臓や肺のダイナミック撮像を行うことができます。
  • 特許取得済みの空間ビームシェイパーは、画像を劣化させることなくX線被ばく線量を1/2~1/5に低減します。
  • 高速GPUによる画像再構成では、ビームハードニング補正、アライメント補正、リングアーチファクトの除去やその他多くのオプションをサポートしています。
  • 個々のX線透過像の情報を元に解析した被ばく線量を、リアルタイムでオンスクリーン線量計に表示します。

神経学領域

神経変性疾患、脳卒中、依存症、精神障害

正確で定量的な測定や脳の活動領域の変化には、高分解能PETが求められます。これは脳神経疾患や向精神薬関連の研究や、新規トレーサーの検証などにおいて、脳領域毎の差異を調べる際特に重要です。以下は画像の詳細です。

  • 画像例では、18FDG-PETにより大脳皮質、ハーダー腺、下顎の筋肉の代謝活性が明瞭に画像化されています。
  • マイクロCTでは頭蓋、鼻腔、顎の構造が明確に示されています。
Neurology

循環器領域

代謝、炎症、灌流画像、機能画像

高分解能心臓イメージングは、プラークや虚血を含む小動物の心臓疾患の特徴を見分けるために非常に重要です。

以下は画像の詳細です。

  • 健常マウス:PET/CT冠状面4スライス
  • 18FDG-PETにより明確に示された右心室
  • 肺と心臓を捉えたマイクロCT画像(200 µm)
Si78 cardiovascular

オンコロジー領域

腫瘍の生物学的特徴、トレーサーの検証

腫瘍周辺部の軟部組織を高コントラストで描写可能なCTは、正確なトレーサーの取り込みと動態解析を可能にします。そして、高分解能PETは、腫瘍内不均一性の変化を正確に捉えます。

以下は画像の詳細です。

  • 異種移植腫瘍マウスPET/CT体軸断面4スライス
  • 18FDG-PETによる腫瘍代謝活性と膀胱の画像
  • 腫瘍周辺部を明瞭に捉えたマイクロCT(200 µm)
Si78 oncology

トータルボディイメージング

レーサーの体内動態イメージング

トータルボディPETは、解剖学的に遠位の入力関数を用いた動態モデリングを可能とします。

以下は画像の詳細です。

  • 健常マウスのPET/CT画像
  • 18FDG-PET&マイクロCT(200 µm)
Si78 MIP1

肺画像

肺:腫瘍、線維化、肺気腫

  • 標準(左)および呼吸同期マイクロCT撮影(右)
Si78 lung imaging

骨イメージング

骨格:骨密度、整形、代謝活性

  • Sprague-Dawley系健常ラット・マイクロCT、脊椎、頭蓋、成長板、歯周組織
Bone imaging1

糖尿病、代謝活性

体脂肪量/除脂肪体重、褐色脂肪組織

以下は画像の詳細です。

  • LepOB(6週間)肥満マウスおよびコントロールマウスを毎週撮影
  • マイクロCT画像による、長期にわたる疾患進行に伴う各組織体積の定量化
Si78 obesity

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら