3次元表面計測

医療機器およびインプラント向け3次元白色光干渉型顕微鏡

Medical Devices and Implants figure C
Stitched 3D optical microscope measurement of a bifocal contact lens showing form

整形外科インプラントやその他の医療機器は、装着/外科移植後に部品の機能と耐用期間を確実に発揮できるように、厳密な公差で正確に製造する必要があります。重要なパラメーター値を満たす必要があり、あらゆる種類の欠陥を定義して補正しなければなりません。計測値の公差は多くの場合、外科移植後の部品の機能と耐用期間に基づいて非常に小さくなります。

 

 

これらの医療用インプラントは、寸法、形状、材質、および表面仕上げの点で多岐にわたっています。このように多様なパラメーターがあるため、部品の重要な仕様の制御は困難であり、異なるタスクに合わせて様々な計測装置が使用されます。

Medical Devices and Implants figure B
3D optical image showing roughness and shape of a medical-grade syringe tip.
Medical Devices and Implants figure A
A PolyEtherEtherKetone (PEEK) sphere (left) representing a hip implant (left), and the 3D optical microscopy images of the surface before wear testing (top right), and after wear testing (bottom right).

Contour Elite™ 3D白色光干渉型顕微鏡はユーザー定義の水平方向と垂直方向のしきい値を使用して、引っかき傷や穴などの欠陥を検査できます。部品の除去と理由の記録を自動実行して、優れたプロセス制御を高速で行うことができます。医薬品コーティングの下の材料だけでなく、そのコーティングの粗さと厚さも計測できます。Contour Eliteシステムは、様々に異なる形状と寸法を持つサンプルを扱うように製造されており、材料の種類の影響を受けず、ダイナミックレンジが大きいために、非常に粗い表面からごく滑らかな表面までを計測できます。Contour Eliteは充実したデータの3D画像を提供し、卓越した分解能と繰り返し性を備えています。この結果、部品の性能と機能に関して非常に優れた知見が得られます。