3次元表面計測

自動車および航空宇宙産業向け 3次元白色光干渉型顕微鏡

Automotive and Aerospace figure C
3D optical image showing defect in chrome plating.

表面の摩耗、およびその原因を理解することは、ベアリング、シーリング、駆動系、シャフト、ブレーキ部品などの自動車/航空宇宙部品の製造とメンテナンスにおいて重要です。摩耗は定量化が非常に困難です。表面の摩耗量や摩耗が性能に及ぼす程度を単一の数値で適切に表すことはできません。Contour Elite™ 3D光学顕微鏡の先進の表面計測とイメージングの機能を使用すると、摩耗をよりよく理解でき、摩耗を特定の製造プロセスや摩耗のメカニズムに関連付けることができます。

Contour Eliteは領域の特性をより高い正確度と詳細レベルで分析可能で、より広い面積を簡単に計測できます。これは、複数の計測値をステッチングして単一の大きいデータセットを構成する機能によるものです。またこのシステムは、うねりや撚りなどのデータ傾向、および突起または溝の優位性などの特徴も抽出できます。

Automotive and Aerospace figure A
3D optical microscopy image reveals wear on a cylinder wall.
Automotive and Aerospace figure B
3D surface analysis of a brake rotor.

シャフト、はめ合い面や接続面、公差の小さい部品や不規則形状の部品の計測は、特に困難です。Contour Eliteはこれらの問題に対応し、シャフト内部のような困難な領域を定量的に、高い繰り返し性と正確度で計測する機能を備えています。表面データのカスタム検査では、多様な計測のニーズに対応する数千もの異なる分析パラメーターが用意されています。さらに、Contour Eliteの高い忠実度のグレースケールとカラーのマッピング、および独自の側面照明と先進のアルゴリズムを使用して、正確な計測データおよび対応する表面画像を収集して、表面特性を詳細に分析できます。