3次元表面計測

精密加工向け 3次元白色光干渉型顕微鏡

Precision Machining figure D
Measured surface of stamped metal showing 3D height map with color image overlay.

航空機用アルミニウム合金の製造からカスタム用途の小ネジまで、精密加工はあらゆるテクノロジーと業種で使用されています。精密部品の製造に使用される工具、金型などは、部品それ自体と同様に正確さが求められ、欠陥があってはなりません。それらには、精密タイプの旋盤、ボール盤、中ぐり盤、フライス盤、特殊金型や平削り盤用バイトなどが含まれます。摩耗、熱応力、または振動による工具の変形を常に監視し、不具合を即座に修正する必要があります。部品および工具をアクティブに監視する高精度の計測装置が不可欠です。

 

 

Contour Elite 3次元白色光干渉型顕微鏡は、表面仕上げ、重要な角度、間隔、半径、その他の寸法を高い信頼性で計測し、公差の厳しい部品の製造を向上させます。このシステムは設計上の革新を活用しており、厳格な製造仕様範囲で運用される製造環境でも耐振動性が高く、計測の繰り返し性を確保します。

 

 

Precision Machining figure C
Grayscale 3D optical image of saw blade teeth.

広い視野と1~115倍の対物倍率により、非常に広い範囲の表面形状とテクスチャーの特性を分析できます。さらに、Contour Eliteのオプションである高分解能のカラー/モノクロイメージングは、他の方法では表示が困難か不可能な、表面の細部を明らかにします。この新機能を使用すると、カラー/グレースケール情報に基づいてデータを分割し、着目する領域を即座に選択して、指定領域から重要な計測データを収集できます。

 

 

Precision Machining figure B
3D optical characterization of a drill bit.

Contour Eliteシステムは、研究開発から製造/品質管理までの試験でこれらの客観的データを短時間で収集するターンキーツールであり、フルに数値計測できる方法で製品性能と関連付けることができます。