FSBio Video Generator Black
FSBio Stem Cell Still
FSB-molecular-biology.png

分子生物学

FastScan Bio AFMの提供する革新的な手法は、分子生物学に新たな知見をもたらします。

FastScan Bio AFMの提供する革新的な手法は、分子生物学に新たな知見をもたらします。 FastScan AFM では、シンプルな新しいユーザーインターフェースを用いて、生体分子構造を自然の状態で日常的にイメージングすることができます。迅速なスピード調整機能やパンおよびスキャン機能により、分析対象領域を迅速に特定し、動画を撮影することが可能です。FastScan Bioは、ナノメートルレベルの水平分解能と0.1ナノメートルの垂直分解能を備えています。また、FastScan Bio独自の高速スキャン機能は、作動中の分子モーターの観察を可能にします。オプションの機能を使えば、単一分子分光分析を実施し、さまざまな高分解能観察に対応できるようになります。

Back
Material Mapping

膜ダイナミクス

生体膜は、複雑な生体環境の外で、分子や細胞の相互作用を研究するのに理想的な構造です。

生体膜は、複雑な生体環境の外で、分子や細胞の相互作用を研究するのに理想的な構造です。他のAFMを凌駕する分解能とフレームスピードにより、優れた性能を提供するFastScan Bioは、巨大分子の構造変化の観察に最適なツールです。ブルカーのTapping mode と、ScanAsystを可能にする独自の PeakForce Tapping テクノロジーの組み合わせにより、バイオサンプルに最適な究極のAFMイメージングシステムが実現します。FastScan Bioにより得られたデータでは、脂質二重層のドメイン領域を変形させずに、早いスキャンスピードで高感度のフォースコントロールが実現することが実証されています。

Back
Nanomanipulation

細胞ダイナミクス

FastScan AFMを使えば、動的な細胞イベントに適した時間スケールにおいて、ナノメートル分解能で生細胞の相互作用をイメージングすることができます。この機能は、そうした観察に伴う長年の障壁を打ち破るものです。

FastScan Bioを使えば、動的な細胞イベントに適した時間スケールにおいて、ナノメートル分解能で生細胞の相互作用をイメージングすることができます。この機能は、そうした観察に伴う長年の障壁を打ち破るものです。このFastScan Bioデータは、細菌外膜の天然構造をとらえた初の高分解能時系列イメージを示しています。この構造は、大腸菌Escherichia coliの生きた細胞の表面で直接測定されたものです。この実験では、FastScan Bioの備える優れた時間分解能により、AmP誘発型細胞死のメカニズムに適した時間スケール(1フレームあたり8秒)で、AmP CM15への直接的な反応として生じる外膜の動的な構造変化をナノスケールで観察できました。

Back
FSB-biomaterials.png

生体材料およびバイオテクノロジー

AFMは、 インプラント、細胞および組織工学、ドラッグデリバリー、製剤の結晶形といった多くの生体材料およびバイオテクノロジーに役立つツールです。

AFMは、 インプラント、細胞および組織工学、ドラッグデリバリー、製剤の結晶形といった多くの生体材料およびバイオテクノロジーに役立つツールです。ブルカー独自のFastScan AFM、PeakForce タッピング および ScanAsyst は、バイオサンプルに最適なAFMイメージング機能を提供します。FastScan Bioは、他の市販AFMを凌駕する分解能とフレームスピードにより、優れた性能を提供します。また、迅速なスピード調整機能やパンおよびスキャン機能を備えたシンプルな新しいユーザーインターフェースが、これまでのAFMにはない優れた生産性と使いやすさを実現します。FastScan Bio AFMは、生体材料やバイオテクノロジーシステムの開発および材料特性分析に最適な機器です。

Back