Dimension Icon AFM-Raman 527x245px
Icon-Raman-Colocated-Raman

コロケートAFM-ラマン

コロケートAFM-ラマン分光の分析データからは、多くの材料やポリマーサンプルに関する相関性の高い情報が得られます。

コロケートAFM-ラマン分光の分析データからは、多くの材料やポリマーサンプルに関する相関性の高い情報が得られます。AFMの長所は、最高の空間分解能により、定量的なナノメカニカル 情報や電気的 情報が得られる点にあります。不均一でもろいサンプルや軟らかいサンプルの場合、 PeakForce QNMPeakForce TUNAPeakForce KPFMにより、そうした情報が得られます。ラマン分光では、標識不要の化学的および結晶学的情報が得られ、回折限界空間分解能によるマッピングが可能です。この2つのテクニックの相補性により、化学的性質と機能を関連づけられます。これにより、デバイス中でより高い導電性を発揮するコンポーネントや、構造材料中でより高い剛性を持つ成分が明らかになります。

Back
Icon-Raman-Nanochemical-mapping

ナノケミカルマッピング

相補的なAFMおよびラマンマップでは、「コロケートAFM-ラマン」のセクションで説明したような相補的情報が得られるだけではありません。

相補的なAFMおよびラマンマップでは、「コロケートAFM-ラマン」のセクションで説明したような相補的情報が得られるだけではありません。多くの不均一ポリマーサンプルでは、化学的性質が特性に影響を与えるため、2種類のデータの相関性がきわめて高くなります。したがって、観察しているミクロ相の化学的性質をラマンマップで特定すれば、AFMの特性マップを用いて、より分解能の高い化学的性質マップを取得できます。特に、 PeakForce QNMを使えば、明確で定量的かつ再現性の高い、最高の分解能の特性マップが得られます。このケースでは、ラマンスペクトロスコピーとAFMを組み合わせれば、ナノメートルスケールの空間分解能により、化学的性質マップを効率的に取得できます。

Back
Icon-Raman-Material-and-Polymer-science

材料およびポリマー科学

ブルカーのAFMは、材料およびポリマー科学の分野で広く用いられています。AFMテクニックは、ナノコンポジット材料特性のナノスケール分析にきわめて適しています。

ブルカーのAFMは、材料およびポリマー科学の分野で広く用いられています。AFMテクニックは、ナノコンポジット材料特性のナノスケール分析にきわめて適しています。ブルカー独自のPeakForce QNM では、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。ブルカーのほとんどのAFMでは、高温加熱冷却オプションも提供しています。このオプションは、たとえばポリマー相転移などに使用できます。そのほか、熱分析、電気的特性マッピング(電流およびキャパシタンス)、ナノインデンテーションなどの幅広いテクニックも利用可能です。

Back
Icon-Raman-Peak Force QNM

定量的ナノメカニカルおよびナノエレクトリカル分析

ブルカー独自のPeakForce QNM モードでは、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。

ブルカー独自のPeakForce QNM モードでは、幅広い範囲(kPa~GPa)の弾性率を含めたナノメカニカル特性の高速/高分解能マッピングが可能です。モジュール形式を採用した独自のアプリケーションモジュールにより、電流マッピング(コンダクティブ AFM)、低電流マッピング(「トンネリングAFM」、TUNA)、幅広い電流測定 (走査型拡がり抵抗、 SSRM)といったさまざまな電気測定が可能になります。ブルカー独自のPeakForce タッピング テクノロジーにより、革新的なPeakForce TUNA モードが実現しました。このモードは、PeakForce QNMの優れたフォース制御およびナノメカニカル特性マッピング機能と、TUNAの高い電流感度を組み合わせたものです。また、 PeakForce KPFMにより、分解能と感度が向上した新たな表面電位マッピングも可能になりました。

Back