性能を重視した最適化

剛性の高い顕微鏡ステージの機械的ループの短縮と熱ドリフトの抑制から超低ノイズの電子回路まで、Innovaの電気機械設計は、あらゆる側面が最適化されています。その成果が、高分解能の性能とクローズドループ方式の位置決めという独自の組み合わせとして現われています。Innovaは、ブルカー独自の超低ノイズデジタルクローズドループスキャン線形化を使用して、空気中および液中のサイズ、オフセット、速度、または回転に関わらず、すべての次元で正確な測定を実行します。

高分解能システム

  • クローズドループ方式の最小限のノイズとドリフトを実現するために最適化された革新的な設計を利用
  • あらゆる次元のあらゆるスケールで正確な測定を保証
  • 非常に簡単な操作で最高の分解能による結果を提供

あらゆる実験を短時間で設定

  • 人間工学的なオープンステージと事前に取り付けられたカンチレバーオプションにより最短のハードウェア設定時間を実現
  • 高NA光学系のソフトウェア制御により関心領域を短時間で正確に特定できることを保証
  • 数十年にわたって蓄積したAFMの専門知識を事前設定済みソフトウェア設定として抽出
  • サーベイから原子分解能までシームレスな操作を実現

研究手法の豊富な選択肢

  • あらゆるSPMモードで最新のすべての測定に対応
  • 構成可能な信号アクセスおよびチップと試料の接点への物理的なアクセスにより研究をカスタマイズ
  • TERSを利用したAFM-Raman統合によるナノ光学を提供
Innova_experiment_selector_300x311.png
The experiment selector completely preconfigures the system for a wide range of selectable experiments. The sophistication of the predefined experiments offers beginners a fast path to expert results, while at the
same time advanced users can define and