ねじれ共振トンネリングAFM(TR-TUNA)

コンタクトモードによる測定が困難なサンプルでTUNA導電性マッピングを実現

やわらかくてもろい導電性サンプルの場合、従来のトンネリングAFM (TUNA) モードでイメージングすると、表面を壊す恐れがあります。ねじれ共振 (TR) TUNAは、コンタクトモードの替わりにねじれ共振 (TR) モード を用いることで、もろいサンプルでのTUNA測定を可能にする拡張オプションとなります。この改良により、TUNA電流が検出できる近接場に探針を保ちながら、サンプルにかかる探針の垂直および水平方向の力を大幅に軽減することが可能になりました。こうした機能は、ポリマー、薄膜、ナノエレクトロニクスといったアプリケーションでは特に重要になります。デリケートなサンプルの導電性データは、 PeakForce TUNA™ モジュールでも得られます。このモジュールは、TUNA導電性イメージングとブルカーの革新的なPeakForce タッピング™ モードを組み合わせたものです。

TR-TUNAモードを搭載するブルカーのAFMシステム:

推奨されるAFMプローブ:

詳細

詳細については、ブルカーにお問い合わせ ください。

Torsional resonance tunneling AFM 1
Simultaneous topography and conductivity mapping of single-wall carbon nanotubes loosely attached on Au-patterned silicon using TR-TUNA.