水平力顕微鏡(LFM)

コンタクトモードイメージングの簡単さで摩擦力データを取得

水平力顕微鏡(LFM)は、コンタクトモードイメージングから派生したモードです。コンタクトモードでは、サンプル表面をスキャンする際のカンチレバープローブの垂直方向のねじれが測定されます。カンチレバーの水平方向のねじれも測定することで、サンプル表面の摩擦特性に関する情報が得られます。

水平力は、サンプル表面の特定領域の摩擦係数の変化や高さの変化から生じます。そのため、LFMは表面物質の不均一性の測定や、表面形状的特徴の境界部を際立たせたイメージの取得に役立ちます。

LFMモードを搭載するブルカーのAFMシステム:

推奨されるAFMプローブ:

Lateral force microscopy 1
Langmuir-Blodgett single-layer thin film made of a mixture of behenic acid (BA) and diphenyl bis-(octadecylamino)phosphonium bromide (DPOP). Both topographic (left) and LFM (right) images were acquired simultaneously.