NI Life Sciences Banner 1154x400px

ライフサイエンス

人生を変える発見を可能にするナノ機械的特性評価技術

ライフサイエンスは近年ますます広く急速に変化している分野であり、それに伴い高度な特性評価技術を必要としています。生物学、医薬品および病理学の分野では、細胞レベルで組織や構造がどのように振る舞うのか、なぜこの振る舞いが存在するのか、そしてこの振る舞いをどのように変更できるのかを理解することによって新しい発見がなされます。また、医療用インプラントおよび装置の分野では、材料の変形挙動、適合性および信頼性が非常に重要です。

ブルカーは昨日の問題をよりよく理解し、明日の技術を進歩させるために、新しいナノ機械的特性およびナノトライボロジー特性評価装置および技術を継続的に開発しています。単一細胞における力学の理解から、薬剤による機械的性質の変化の測定、薬物溶出コーティングの界面接着強度およびインプラントの摩耗特性の定量化まで、ブルカーは様々な課題に対し、それらを解決する技術を搭載した装置を開発しました。


ライフサイエンスにおけるナノ・マイクロ機械的特性

Cell Biology 300x225 Bruker

構造生物学・細胞生物学

細胞レベルおよび組織レベルでの生体力学の定量的測定

Pharmaceuticals 300x225 Bruker

医薬品

細胞や組織の機械的性質に対して医薬品が局所的に及ぼす影響の理解

Medical Implants 300x225 Bruker

医療用インプラント・医療機器

製品の信頼性にとって重要な機械的特性、トライボロジー的特性および界面接着特性を評価

Biomimetics 300x225 Bruker

バイオミメティクス

進化した生物学的システムの特性を発見し、それらを人工材料・構造で複製

Pathology 300x225 Bruker

病理学

細胞や組織レベルでの機械的特性の劣化を通して病気のメカニズムを理解