NI Materials Science Banner 1154x400px

材料工学

複雑な材料特性をナノ機械的特性評価で解明

ブルカーのハイジトロン装置群は、幅広いスケールで定量的機械的特性を評価することによって材料工学の進歩を可能にしました。複雑な構造、特性、プロセス、および性能の関係する材料特性の解明が可能です。未来の材料は、現在のさまざまな特定の用途にむけた新規材料の開発にかかっています。さまざまな材料が小型化・薄膜化している現在、新規材料を合成、制御、操作、および新規特性を付与する際に、ナノ・マイクロスケールの機械的特性を把握することは、次世代の材料科学の進歩に不可欠です。

ブルカーは、幅広い種類のナノ機械的特性・ナノトライボロジー特性評価技術を開発し、研究者が従来の材料の限界を広げ、全く新しい材料システムを設計することを可能にしました。 ブルカーのこれらの評価技術は、材料開発における革命的な進歩を達成することを目的としています。


材料工学への理解を深める

Metals 300x225 Bruker

金属材料

微細構造、合金、表面処理、温度変化による機械的、トライボロジー性質との関係を理解する

Ceramics 300x225 Bruker

セラミックス

材料最適化のためにグレイン、粒子や界面の機械的およびトライボロジー特性を定量化

Polymers 300x225 Bruker

高分子材料

結晶性、アモルファスおよび多相高分子材料の粘弾性とガラス転移温度の測定

Composites 300x225 Bruker

複合材料

粒子強化、繊維強化および積層複合構造を形成するために個々の構成要素および界面の特性を評価