NI Polymers Banner 1154x400px

高分子材料

高分子材料の定量的ナノ機械的特性評価

ポリマー材料の機械的性質の詳細な理解を達成することは、それらの多様な化学組成および物理的構造のために複雑になり得る。特定の分子量および特定の温度を有するポリマーは、試験の時間尺度に応じて液体または固体のいずれかとして振る舞うことができる。分子レベルでこの粘弾性挙動の包括的な理解を得ることは、向上した特性を有するポリマーを開発するために重要である。

ポリマーの機械的性質およびトライボロジー的性質は、それを構成するモノマー単位以外のいくつかの要因、例えば結合の立体化学、結晶化度、および架橋度に依存する。ポリマーブレンドはまた、単一のポリマー種を通して得られるものを超えて特性を向上させるために使用され得る。ポリマーブレンドの特性は、分散度、分散相のサイズ、およびブレンドの成分間の界面相相互作用に大きく依存します。形態および界面挙動の個々の構成要素を定量的に特徴付ける能力は、独特の特性を有する新しいポリマー材料を設計するために必要とされる。

高分子粘弾性特性評価 - 動的ナノインデンテーション

ナノスケールの動的機械分析は、分子レベルで、個々のポリマー相について、そしてポリマー界面について粘弾性特性を測定する能力を提供する。 nanoDMAは、広い周波数範囲にわたる貯蔵弾性率、損失弾性率、およびタンデルタの定量的測定を可能にするハイブリッドナノインデンテーション試験技術です。定量的動的ナノインデンテーション測定は、局在化した試験部位またはマッピングモードで実施して、多相にわたってポリマーの空間分解粘弾性特性を決定することができる。温度制御能力と組み合わせて、ナノスケールの体積の材料に対して時間 - 温度 - 重ね合わせ試験を実施することができる。

ポリマークリープと応力緩和

クリープおよび応力緩和特性は、ポリマーが長期間にわたって変形を受けるときに特徴付ける重要な材料パラメータです。厳密なフィードバック制御アルゴリズムの下で動作するナノインデンターは、ポリマーの微細構造内のフィーチャに対してクリープおよび応力緩和測定を確実に実行することができる。ブルカー独自の制御アルゴリズムは、ドリフトのない、定量的なナノスケールのクリープおよび応力緩和測定を長期間にわたって保証します。

高分子材料のトライボロジー

ポリマーは一般に摩擦係数が低く、耐食性が高いため、多くのトライボロジー用途に広く使用されています。分子量、立体化学、架橋度、ポリマーブレンド組成、化学的親和性はすべてトライボロジー性能に影響を与えます。 BrukerのHysitron試験装置は、特定の微細構造上の摩擦および摩耗特性を定量的に特徴付ける能力、ならびに相/界面にわたってトライボロジー特性をマッピングする能力を提供する。


アプリケーションノート


高分子材料が評価可能な独立型ナノインデンテーションシステム

TI980 Tool Image v5

TI 980 TriboIndenter

ブルカーの最先端のナノ力学特性、ナノトライボロジー特性評価装置。最大の性能、順応性、信頼性、感度、測定スピード。

TI950 Tool Image v5

TI 950 TriboIndenter

多用途に使用可能なナノ力学特性、ナノトライボロジー特性評価装置。幅広い複合評価をご提供可能。

TI Premier icon

TI Premier

コンパクトなプラットフォームでナノスケールの力学特性評価のエッセンスを詰め込んだナノ力学特性評価専用装置。

TS 75 Product image v1

TS 75 TriboScope

ブルカーのAFM(原子間力顕微鏡)に取り付けてナノインデンテーションを行う専用アタッチメント

PI 85l SEM Picoindenter icon

PI 85L SEM PicoIndenter

SEM(走査電子顕微鏡)中で行うin-situナノ力学特性評価ベーシックモデル

 

PI 88 SEM Picoindenter icon

PI 88 SEM PicoIndenter

SEM、FIB/SEM中で行うin-situナノ力学特性評価ハイエンドモデル

 

PI 95 TEM Picoindenter icon

PI 95 TEM PicoIndenter

TEM(透過電子顕微鏡)中で行うin-situナノ力学特性評価モデル