11 iTF 1154x400px

iTF –基材(Substrate)の影響を除去し、薄膜(Thin film)の力学特性を評価

ITF Film Thickness

薄膜の厚みに影響を受けない、弾性率評価を

iTFはブルカーがご提供する、薄膜評価において最も多目的に活用できる新しい解析ソフトウエアパッケージです。硬い材料から柔らかい材料まで、厚みは2nmから2mmまで、iTFは数分以内に正確に薄膜固有の弾性率を算出します。iTFはハーバード大学の研究グループにより開発された、弾塑性接触モデルの特許に基づいており、ブルカーの装置を用いた試験の結果解析のためにそれらを最適化しています。iTFはマイクロエレクトロニクス、自動車、航空宇宙産業、コーティング産業など幅広い業界の製品のナノ力学特性解析に用いられています。

正確に基材の影響を計算します

一般的にナノインデンテーションの解析は弾性応答を表す、初期の除荷曲線の傾きを利用して算出します。しかし、薄膜試料に圧子を押し込む際には、弾性応答は実際の接触よりもっと深い領域から形成された材料の応答を含みます。そのため、一般的なナノインデンテーションの解析では、薄膜のみの力学特性と測定結果にずれが生じます。この基材の影響がナノインデンテーション評価において、薄膜の力学特性評価を困難にしています。iTFは基材の影響を除去するため、多層構造の材料における応力分布を考慮に入れ、薄膜固有の弾性率を算出します。

ITF accurately account
ITF simple operation

シンプルなオペレーションシステム

サンプルをステージに乗せ、ナノインデンテーション測定を実施、iTFソフトウエアに結果を入力すれば、薄膜の弾性率が算出されます。iTFソフトウエアはすべてのブルカーのトライボインデンターのファイルフォーマットに対応し、複数のサンプルを自動的に解析することができます。皆様の使いやすいシンプルな画面、入力システムを採用しましたので、高速で正確に解析を行うことができます。

伝統的な接触力学モデルをコアとしています

iTFのコアとなるのは、 多層構造の材料の接触解法に基づいた古典的な接触力学です。圧子の形状、剛性、インデンテーションの荷重、変位から、応力分布と境界条件を再構築し、薄膜系の各層の特性を算出します。iTFソフトウエアにはインデンテーションの挙動についての膨大なライブラリーが搭載されており、その中からマッチするデータを探し出し、薄膜固有の弾性率を特定しています。伝統的な接触力学に基づいた確かな算出手法により、薄膜と基材の間の弾性に大きな違いがあった場合でも薄膜固有の弾性率が算出可能です。

ITF Classic contat mechanics