Anasys IR3 webslider 2018.065

高分子フィルム・単層・ブレンド

BrukerのAnasys nanoIRシステムは、比類のないナノスケールFTIR分光分析、化学的および材料特性マッピング機能を提供し、真のモデルフリーのナノスケールFTIRスペクトルを幅広いポリマーに提供します。応用例は下記の通りです:

  • ポリマーブレンド境界部解析
  • 高分子多層フィルム測定
  • ナノコンポジット境界部解析
  • バイオポリマー、ナノファイバー境界部解析
  • 高分子薄膜および境界部解析
  • 粒子・欠陥および汚染物質などの異物分析

 

原子間力顕微鏡の機能との組み合わせにより、10nm以下の領域(空間分解能)において、赤外スペクトル、赤外吸収マップ、AFM像、表面硬さ像、熱分析等、教書分析、局所分析を可能にする高分解能多機能測定装置です。


ブロックコポリマー(ブロック共重合体)

TappingLanding PS PMMAco polymer A

タッピングAFM-IRは、1730cm-1 およびand 1492cm-1におけるPS/PMMAコポリマーの高解像度化学イメージングを提供し、画像を組み合わせて化学的コントラストを表示します。

Copolymer with line b

タッピングAFM-IRは、断面で示されるように、PS/PMMAのブロックコポリマー基板上で10nm未満の画像形成分解能を実証します。


ポリマーブレンド境界部解析

Poylymer Interface Chemistry

ゴム/ナイロンブレンド境界部を50nm間隔でライン測定。AFM-IRスペクトル(左)、AFMイメージ(右)は、AFM-IRの高い化学的空間分解能を実証しています。

ポリマーブレンド:マルチ測定機能

Polymer Blend Sulfur Containing Polyarylene

硫黄 - ポリアリーレンブレンドの多重波数における(左上から)IR吸収像、AFM像、硬さ像、(左下から)転移温度マッピング、IRスペクトルなど。


高分子多層フィルム

Multilayer Film

AFM-IR と透過FTIR との相関関係は、多層フィルム中のサブミクロン層の明確な同定を可能にします。 上:AFM像と各種のIRスペクトル

ナノコンポジット

PP SiO2

ポリプロピレン中のSiO 2ナノ粒子のIRスペクトルと画像化、SiO 2の凝集と不均一分布。 画像提供元:IPF Dresden


カーボンファイバー/エポキシコンポジット境界部解析

Carbon fiber epoxy

カーボンファイバーとエポキシ間の密着性を評価するため50nm間隔でラインスキャンを実行し、境目のスペクトルとエポキシのスペクトルの比較が可能に。

ポリマーナノファイバー

Rabolt quote data

ケブラーファイバー

Fiber kevlar 2

ケブラーファイバーの単一のマイクロフィラメント(約1.3 µm)のAFM-IRスペクトル(左)。

ナノスケール分子配向

Nanoscale Molec Orient

偏光照射下の交差PVDF繊維の1404 cm-1 での2つの異なるIR偏光(R)IR吸収画像下の電界紡糸PVDF繊維のAFM-IRスペクトル (偏光方向は矢印で示す)。


ポリマーの劣化・欠陥解析

Polymer Failure Analsys

AFM-IR 吸収スペクトルはペースメーカリードのためのポリウレタン絶縁における環境応力亀裂により引き起こされた局在化ナノスケール酸化の証拠を明らかにします。

薄膜分析

Thin Polymer Films

AFM-IRは非常に薄いフィルムにおいても、信頼性の高いの薄膜分析を可能にします。 上:AFM-IRスペクトルを用いたPMMA上の20 nmフィルム(右)


ポリマー境界部

PolymerInterfaces PeakShiftsMatter

ポリエチレンとポリアミドの境界部のAFM-IRスペクトル(左)とAFM像(中央)。 境界部では、CH伸縮ピーク位置および幅のシフトが見られ、これは分子配向の違いを示しています

バイオ再生可能 ポリマー

Biorenewable Polymer2

局所的に熱処理されたポリヒドロキシブチレート(PHB) IRスペクトルは、結晶質/非晶質含有量の変動を明らかにします(C-O-C 伸縮、1270 cm-1


ポリマーブレンドのナノ機械特性マッピング

Fig51

Lorentz Contact Resonance(LCR)は、ポリマーブレンドの成分選択的イメージングを単純化します。 上:ポリスチレン(PS)と低密度ポリエチレン(LDPE)のブレンドの高さ(左)とLCR画像(中央、右)。LCR画像は、PS(中央)およびLDPE(右)の強い共鳴に対応する2つの異なるコンタクトレゾナンス周波数で得られています。

ポリマーブレンドのナノスケール熱分析

LCR multilayer film

多層膜のナノ熱分析(左)とローレンツ接触共鳴像(右)。 LCR画像は、局所ガラス転移温度が特定の層について測定され得るようにポリマー層を明確に区別します。