UMT tribolab lubrication2

腐食試験

石油およびガス精製のアプリケーション

石油の移送・精製産業における腐食の問題は、インフラや材料を劣化させ、総じて産業界に極めて高いコストを強いることになります。このため、研究者たちは絶えず、腐食やその損傷要因を低減させ、また徹底的に制御するための材料や添加剤、予防のための評価手法の開発に取り組んでいます。

 

トライボ腐食のプロセスにおいて、腐食のプロセスは様々な機械および電気部品に端を発しており、通常はそれら部品の摺動摩耗、アブレージョン、キャビテーション損傷、フレッチング、トライボ酸化、固体微粒子によるエロージョンといった形態をとります。制御された実験装置での腐食は時間をかけて非常に小さいスケールで発生するものの、大規模インフラの機能面での性能を予測するのに利用できます。

ブルカーのUMT TriboLabの腐食試験に関する詳しい情報については、以下のリンクをクリックしてください。

A Tool for Studying Tribocorrosion Mechanisms