UMT tribolab glass testing

ガラス強度の評価

欠陥制御

製造および精製技術の絶え間ない改善によって、ガラス部材は相当の積載荷重に耐えられるようになり、より構造部材としての役割を担えるようになってきています。ガラス強度や耐破損性を改善する手法の研究・評価を助けるのに、、ガラス表面に制御した欠陥を付与する方法を用いることができます。。統計的に妥当なサイズ(たとえば□10mm)のガラス試料一式に既知の欠陥を付与したのち、既知の制御された環境下でそれら試料に破壊試験を行うことで、ガラス試料に対する各種の処理の効果が評価されます

 

ブルカーのUMT Tribolabを用いたガラスの試験についての詳細な情報については、以下のリンクをクリックしてください。

 

ガラスの欠陥に対する制御

ガラスに制御された欠陥を付与
Creating controlled defects in glass
ガラス強度試験のための3点曲げ試験用取付具
Three-point-bend fixture for glass testing