Produkt Banner SPR32

ハイスループット SPR 解析に新たな基準を

革新的な技術と独自のコンポーネントを組み合わせた Sierra SPR-32 システムは、業界をリードする高性能でハイスループットな SPR 解析を、幅広い分子とアプリケーションにわたって提供するプラットフォームです。

リアルタイムでのラベルフリーの可能性が拡大

主なシステムの特徴により、システムの性能、ハイスループット、検出感度を保持しつつ、フレキシブルな装置操作と堅牢なアッセイ開発が実現できます。

  • 32 個の独立したアドレッサブルセンサースポット – 一度の注入でより多くのターゲットおよびコントロールを分析できる、4 つのセンサースポットを装備した 8 つのフローセル
  • Hydrodynamic Isolation™ 連続フローマイクロ流路技術 – 様々なサンプルマトリックスにおける正確なカイネティクス解析のための、迅速な溶液間置換を実現
  • 個別のニードルコントロール – 1 ~ 8 サンプルを一度の注入で処理
  • 4 バッファー分析 – フレキシブルなバッファー構成により、時間とサンプルを節約
  • ユーザーフレンドリーなソフトウェア – 直感的なソフトウェアによる、ハイスループットな SPR データの収集と解析

SPR における検出感度のブレイクスルー

SPR+ 検出器は、イメージング SPR (SPRi) と、高強度レーザー光源および高速光学スキャンとを組み合わせることで、高感度を実現しています。このような構成により、比較的大きな 2 次元センサーアレイによる極めて高感度なイメージングをサポートでき、強度の高い光源が、1 スキャンあたりの共鳴測定をより多く取得できる高速カメラの使用を可能にしています。S/N 比 0.02 RU (RMS) が得られ、フラグメントや低分子の結合実験においてしばしば観察される、小さなレスポンスの変化を測定する際の精度が改善されています。

SPR plust detection
SPR+ 検出器の構成(クリックで拡大)

ハイスループットサンプル分析の自動化

分析サイクルあたりに 32 個のセンサースポットを使用することで、ハイスループットな SPR 解析を最大化するために複数のユーザー定義の構成が使用可能です。31 のコントロール減算処理、1 ラインに最大 3 つのコントロール、あるいはチャンネルあたり 4 つのターゲットなどが挙げられます。オートサンプラーは、96 ウェルおよび 384 ウェルの幅広いマイクロタイタープレートに適合し、デュアルプレートサンプルデッキにより、長時間の無人分析が可能です。オプションのプレートハンドリングロボットにより、Sierra SPR-32 はハイスループットモードとして機能し、1 日あたり 3,000 以上のサンプルを分析でき、10,000 以上のコントロール減算結合測定が実現できます。 

31 targets 1 control

サンプル分析中の Mix-n-Match バッファー

Four Buffer Pump
4 つのシリンジバッファーポンプ(クリックで拡大)

4 つのシリンジによるバッファーの連続フローは、アッセイの開発と最適化においてパワーを発揮するだけでなく、pH、塩濃度、界面活性剤や溶媒濃度などの、異なる条件下におけるハイスループット SPR 解析にも有用です。1 つのシリンジは、2 つ(またはそれ以上)のチャンネルにバッファーを供給します。throughput.
複数のバッファーを用いた同時解析で、時間と試薬が節約でき、情報処理のスループットも向上できます。

Further reading

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.