JETSTREAM_banner.jpg

歴史的絵画の分析

μXRF装置の分析性能は、測定条件によって異なります。パラメータは、必要なタスクに従って慎重に選択する必要があります。

 

空間分解能

位置感応性測定の空間分解能は、スポットサイズ、ステップサイズ、測定強度などのさまざまな要因によって影響を受けます。

 

スポットサイズ

スポットサイズは、画像の空間分解能に影響を与える主な要因の1つです。ナイフエッジ法で測定されます。この技術は、位置の関数としてビーム強度を測定し、材料の成形エッジを横切るライン走査を行います。

 

ステップサイズ

元素分布画像の空間分解能に影響を及ぼす他の要因は、画素サイズと画素間のコントラストです。μXRFでは、ピクセルサイズはスポットサイズだけでなく、ステップサイズによっても決定されます。ステップサイズがスポットサイズよりも小さい場合、空間分解能を改善することができます。一方、隣接ピクセル間の良好なコントラストのためには最小レベルの強度が必要である。画素強度は、画素当たりのステップ時間を変えることによって変更することができます。これらの事実によれば、ステップサイズおよびピクセル強度は、所与のスポットサイズに対して最適化されなければなりません。


オン・デマンドXRFウェブセミナーはこちらから:すぐれた空間分解能を有するμXRFによる歴史的絵画の非破壊分析