S4 T STAR ultra trace element analysis

水、廃水および環境サンプルの迅速かつ低コストなモニタリング

いかなるガス、媒体、またはフードと排気口を備えた洗練された実験室設備を必要とせずに、S4 T-STARは、廃水を監視する必要があるあらゆる生産現場に容易に設置することができます。排水のモニタリングには、環境の汚染を防ぐために多くの微量金属を迅速に分析する必要があります。理想的には、試料の調製後30分以内に、内部(例えば、Ti、Cr、V、Co、Ni、Cu、Zn、As、Mo、Ag、Cd、Sn、Sb、Pb)ホモジナイゼーション、試料担体への移送、異なる励起による乾燥および測定が含まれます。

ここに示した例では、S4 T-STARは、17分以内に必要な元素Ti、Cr、V、Co、Ni、Cu、Zn、AsおよびPbの完全な分析を終了します。感度を最大にするために自動管調整制御手順を実施することができ、励起条件を変更し15分の測定を行った後、42分以内に完全に分析手順が完了します。

Mo励起で測定された元素の検出限界は、通常15ppb以下(測定時間100秒)です。測定時間が長くなると、検出限界を<5ppbにまで下げることができます。W励起による測定では、200ppb以下の検出限界が達成されます(測定時間600秒)。