Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
LC-MS

Elute LCシリーズ

質量分析アプリケーションのための究極の精度

最大稼働時間

ルーチン分析のスピードアップのための短いラン・ツー・ラン時間

Elute-UHPLC-web

ハイライト

LC-MS

Elute LCシリーズ

再現性
保持時間とピーク形状の再現性を重視して作られています。
スピード
高速で正確な結果までの時間を短縮し、出力を向上させます。
高性能
完全な信頼を得るための正確性
カスタマイズ
お客様の用途に合わせてカスタマイズでき、運用の柔軟性を最大限に高めることができます。

特長

ELUTE

堅牢で正確な性能

信頼性の高い設計で結果に自信が持てる
Elute LCシステムは、流量、溶媒の圧縮度、組成に依存せず、パルスのない正確な容積流量制御を実現する革新的なポンプ設計に基づいて構築されています。

すべてのElute LCシステムは、2組のシリアル結合された個別制御リニアドライブポンプヘッドで構成されています。これにより、超高速液体クロマトグラフィーメソッドを、隣接する研究室や世界各地の別システムへ簡単に転送することができます。

流路は、グラジエント遅延量を最小化するように最適化され、高いクロマトグラフィー分解能、高速グラジエント、極めて短いサイクルタイムを実現し、サンプルスループットを向上させ、コストを削減します。

最長の稼働時間を実現
すべてのElute LCシステムには、内蔵ポンプによる真のセルフプライミングとセルフパージ設備が組み込まれています。自動パージと移動相のプライミングプロセスはわずか数分で完了し、移動相の交換を簡単に行うことができるため、手動操作でのリークを防ぐことができます。さらに、2つの異なる移動相のセットを使用し、最大6つのカラム交換が可能なオプションは、ルーチンラボに柔軟性を提供し、高い生産性と夜間のLC-MS分析を可能にします。

Compassによるシームレスなソフトウェア統合
Elute LCシステムは、ブルカーの最先端のCompassソフトウェアフレームワークによって制御されており、迅速なメソッド開発のためにLCハードウェアモジュールに簡単にアクセスすることができます。Compassの非常に直感的なグラフィカルユーザーインターフェースにより、サンプルバッチとサンプルテーブルの簡単なメソッドセットアップが可能です。クイックデータビューアを介して結果を直接可視化し、詳細な分析を行うことで、すべてのユーザーレベルで生産性を向上させることができます。

利点

ELUTE

最新のタンパク質特性評価

リテンションタイムとピーク形状の再現性を高めるために開発されたElute高速液体クロマトグラフィー(HPLC)システムは、幅広い分析ニーズに対応するために、さまざまな構成をご用意しています。

超高速液体クロマトグラフィーシステム(UHPLC)であるEluteシリーズの心臓部であるバイナリーリニアポンプは、パルスなしで再現性の高い流量を独自の精度で制御し、結果に高い信頼性をもたらします。

質量分析のニーズを満たすため、お客様のアプリケーションに合わせてカスタマイズ可能な様々な液体クロマトグラフィーシステムを提供します :

  • 日常的なラボアプリケーション向けに設計されたElute SPは、標準的な700 Barの性能を、市場をリードするコストパフォーマンスで提供します。
  • Elute UHPLCは、超高速LC-MS/MSアプリケーション向けに1300 Barのハイエンド性能を提供します。

フロントエンドのサンプル前処理には、新しいPAL3ハイスループットオートサンプラーとElute HTのペアリングが理想的です。

ルーチン分析ラボのために最大限の稼働時間を実現
すべてのEluteシステムは、グラジエント遅延量を最小化するように設計されており、分析間のタイムロスを最短にすることができます。Eluteバイナリー高圧ミキサーポンプには、ピストン逆洗浄機能が付いており、ピストンシールの耐用期間を延ばし、生産性を向上させ、コストを削減します。

EVOQ LC-TQシステムでの高いサンプルスループットや、ブルカー impact IIやcompact QTOFを使用したLC-MS研究のための高い柔軟性を実現するためには、溶媒の迅速な交換やLC-MSメソッドの高速切り替えが有効です。Eluteシステムは、カラムの切り替えや最大6種類の溶離液の選択など、高い柔軟性を提供します。

アプリケーション

ELUTE

保持時間安定性の新たなスタンダード

多成分スクリーニング
農薬スクリーニングのための保持時間(RT)の偏差を定義するガイドラインは、LC-MS法に新しいレベルを要求しています。新しいEU SANTEガイドライン11945 I 2015では、保持時間の偏差が0.1分未満であることが要求されています。革新的なポンプ設計により、Elute UHPLCはこのRT偏差0.01分を標準的に実現し、このRT閾値を簡単に下回る性能を発揮します。

超高速定量LC-MS/MS法
法医学研究室の高い生産性を確保するためには、尿中アルコール代謝物マーカーの迅速な確認と定量が必要です。これらの方法は、LC-TQ MS/MS法によって日常的に確立されています。EVOQ LC-TQ に結合された Elute UHPLC は、尿マトリックス中のエチルグルクロニド (EtG) およびエチル硫酸 (EtS) の迅速かつ信頼性の高い確認と定量を可能にします。

食品マトリックス中の定量のための感度
食品中のクロラムフェニコール検出の最低要求性能レベル(MRPL)は0.3 ppbです(EU decision 2003/181/EC)。Elute UHPLCとEVOQ Elite LC-TQを組み合わせることで、高感度(LLOQ 0.02 ppb)でシャープなピーク幅(通常2秒)を実現しました。これらのレベルは、卵のような困難なマトリックスでも達成することができます。


オンラインでのサンプル調製
オンライン液体抽出(OLE)はオフライン固相抽出(SPE)と比較して、閉鎖系自動化システムにサンプルを100%注入可能、小さい粒子径によるシャープなピーク形状など、大きな利点があります。Elute OLE システムは、UHPLC システムの利点と OLE プロセスの利点を組み合わせたもので、結果の品質と再現性を向上させます。水分分析や尿などの複雑なマトリックスの分析など、要求の厳しいサンプル前処理タスクには、Elute OLEのプレエンリッチメント機能を利用することで、お客様の研究室に付加価値の高いメリットをもたらします。

詳細

Elute 関連情報

nanoElute

業界をリードするコンポーネントと、一般的な問題に対する革新的なソリューションをベースにしたnanoEluteは、長年にわたるOMICSの知識の蓄積により、設置後からトラブルのない動作を実現します。

impact II

impact IIは、他に類を見ない超高分解能飛行時間型質量分析により、残留物や汚染物のスクリーニング、法医学、化学工業、合成化学、バイオマーカー研究などにおける、分析性能の技術基準を設定します。

compact

研究用途に必要な強力な技術が、高ダイナミックレンジ解析のためのコンパクトで堅牢かつ経済的なベンチトップ型QqTOFシステムになりました。

EVOQ LC-TQ

EVOQ EliteとEVOQ Qubeは、何千もの実試料を可能な限り迅速に定量できるように設計されています。

QTOF

四重極飛行時間型(Q-TOF)MSは、生物学・製薬研究から臨床毒性学までの幅広い分野で、複雑な混合物や未知化合物の同定、定量に革命をもたらしました。ブルカーの超高分解能Q-TOFおよびLC-QTOF装置は、この技術の最先端を走っています。

LC-MS

液体クロマトグラフィー(LC)分析の価値と汎用性は、質量分析(MS)システムと組み合わせることで劇的に増幅されます。堅牢で柔軟性の高い装置と、ベンダーに依存しない強力なソフトウェアにより、高性能液体クロマトグラフィー (HPLC) ソリューションを幅広く提供しています。