ESI-ITMS

amaZon speed ETD

新しいamaZon speed ETDは、これまでにないプロテオミクス性能のため、イオントラップ質量分析の重要な発明を取り入れました。

Ion trap innovation

Market-leading dynamic range

Teaser_amaZon-speed-ETD-web

ハイライト

ESI-ITMS

amaZon speed ETD

感度
最先端のデュアルイオンファンネルテクノロジーにより、他に類を見ない感度を提供します。
信頼性
市場をリードする質量精度により、高い信頼性での識別が可能にします。
スピード
他の追随を許さないMS/MSスキャンスピードが、プロテオミクスサンプルの複雑さを解き明かします。

特長

amaZon speed ETD

プロテオミクスソリューションのための比類のないイオントラップ性能

amaZon speed ETDは、前例のないプロテオミクス機能を実現するための重要な発明を組み込んでいます。翻訳後修飾によるプロテオミクスサンプルの広いダイナミックレンジと複雑さにより、できるだけ多くのペプチドを捕捉するためには最大のスピードと感度を必要とします。

amazon speed ETDは、強化されたMS/MSスピード、新しいSWIFTアイソレーション、SMARTフラグメンテーションにより、タンパク質同定の新基準を打ち立てます。

これにより、5μgのHeLa溶解液から1回のLC-MS/MS分析で2500種類以上のタンパク質の同定が可能になりました。デュアルイオンファンネルトランスファーラインは、絶対的なベンチマーク感度を実現しています。

利点

amaZon speed ETD

イノベーションによる比類のないイオントラップ性能

amaZon speed ETDが提供できること:

  • ボトムアップ型プロテオミクスでは、MS/MSデューティサイクルを大幅に向上させることにより、存在量の少ないタンパク質をより多く同定することができます。
  • トップダウンシーケンシング(TDS)により、最高のタンパク質配列カバー率を実現
  • 市場をリードする質量精度で結果の信頼性を確保
  • 卓越した感度を実現する最先端のデュアルイオンファンネルテクノロジー
  • 翻訳後修飾(PTM)解析のための優れたETD/PTRアプリケーション
  • SMARTアイソレーション・フラグメンテーション
  • ピーク幅0.5 u未満、52,000 u/秒の比類のないスキャン速度により2価イオンの分解能を達成
 
 
 

CaptiveSprayによる高いハイシーケンスカバー率
amaZon speedには、高透過性で堅牢なCaptiveSprayソースが搭載されており、ボトムアップ研究での高い性能と再現性を実現しています。

究極のタンパク質同定率
amaZon speedは、ナノUHPLCとCaptiveSpray™イオン源を備えたamazon speed ETDで分離されたHela細胞ダイジェスト(5µg)のサーベイビューを提供します。

市場をリードするダイナミックレンジ
amaZon speed ETDは、1回の分析で少なくとも5つの濃度レベルのタンパク質を同定します。

アプリケーション

amaZon speed ETD

電子移動解離(ETD)による完全なPTM特性評価

多くのタンパク質は、例えばリン酸化のような可逆的な翻訳後修飾(PTM)によって分子機能を発揮しています。そのため、修飾部位の同定と明確な局在化は、生物学的背景を理解する上で非常に重要です。ETDはペプチド修飾状態を保持するため、修飾部位を明確に特定することができます。amaZon speedは、実証済みの高い感度、堅牢で信頼性の高いETD技術により、他の追随を許さないパフォーマンスを提供します。

糖ペプチド解析

糖タンパク質の構造、位置、そして機能の関係を理解するためには、ペプチド配列、糖鎖組成、グリコシル化部位に関する詳細な情報が必要です。インタクトな糖タンパク質、糖ペプチド、遊離糖鎖の分析には、質量分析法を中心とした様々な分析手法が採用されています。

衝突誘起解離(CID)と電子移動解離(ETD)を用いた単純な糖タンパク質消化物中のN-グリコシル化ペプチドの解析において、amaZon speed ETDシステムの性能が実証されています

CIDとオキソニウムイオンをトリガーとしたETDを効率的に組み合わせたデータ取得、すなわち“Fragment Triggered ETD”により、複雑な混合物であっても、1回の分析で広範なタンパク質配列の同定と詳細な糖ペプチドプロファイリングが可能になります。

CaptiveSpray nanoBooster イオンソースとFragment Triggered ETD を組み合わせることにより、amaZon speed ETD プラットフォーム上で、タンパク質混合物中の糖ペプチド分析を大幅に向上させることができます。

Captive Spray nanoBoosterを用いて測定した2種類のN-グリコペプチドの電荷分布と強度; A: CRPINATLAVEK, B: NVTSESTCCVAK

詳細