glass-coatings-banner.jpg

ガラスとコーティング

確かにガラスは、物理的意味での記述「ガラス」が誤解を招いているかもしれませんが、 古代から最も重要で興味深い材料の 1 つです。現在、記述「ガラス」は、液体と固体の間の凝集の状態の同義語として最も一般的に使用されます。しかし、ガラスのこの特別な特性によってそれを万能な材料にします。これによって無数のアプリケーションに使用できます。

その後工程の使用の要件を満足するために、さまざまな種類の材料を原料ガラスに混合するか、溶解します。X 線蛍光分析 (XRF) によって、このプロセスをモニタリングできます。

「ガラス状態」の基本特性は、従来型の X 線回折 (XRD) が妥当な構造情報を提供し、ガラスは結晶性物質に存在するような長距離秩序を持たないことを正確に予測します。D8 DISCOVER を搭載した μ-XRD は、結晶性物質で一般的に形成されるため、ガラスで見られる誤った含有を特徴付けることができます。

さまざまな理由で、原料ガラスのほか金属もよくコーティングされます。コーティングは防食性であり、表面を硬化させ、熱放射または他の種類の光を反射するか、下層材料を簡単に高めることができます。D8 ADVANCE を搭載した斜入射 X 線回折 (GID) は、コーティングの結晶性組成物を明確に測定するのに役立ちます。X 線反射測定 (XRR) によって、表面下の層に対しても層厚みの非破壊測定を可能にします。