OPUS ソフトウェア

OPUSは、赤外、近赤外、ラマンのスペクトル測定からデータ処理、解析、レポート作成まで行う、操作性に優れたソフトウェアです。

OPUSは、何十年にもわたり画期的なアイデアで技術革新を続けてきたブルカーが生み出した、高い操作性と豊富な機能が魅力のソフトウェアです。ルーチン分析向けにデザインされたソフトウェア、例えばALPHA専用設計のOPUS/Mentor ソフトウェアは、ウィザードに沿って操作するだけでどなたでも簡単にお使い頂ける、ユーザーフレンドリーな仕様になっています。

また、OPUS ソフトウェアは柔軟性の高い設計になっているので、分析の目的に応じてユーザーインターフェースをカスタマイズすることも可能です。

Already the OPUS base package includes a wide range of functionality for various types of measurements, data processing and evaluation. In addition dedicated software packages are available such as for advanced library search & identification and powerful multivariate quantification. A database functionality for storing evaluation results, spectra files and measurement parameters is optionally available.

Up-to-date 3D and video software packages provide state-of-the-art work flows for microscopy and imaging applications including comfortable analysis and visualization functions e.g. also relevant for time resolved spectroscopy data. For in-line process applications the CMET software package was in particular optimized for high stability and availability in demanding production environments. Moreover Bruker also offers a dedicated software package for the time dependent monitoring of chemical reactions.

OPUS ソフトウェアに関する最新情報は こちら