OPUS ソフトウェア

OPUSは、赤外、近赤外、ラマンのスペクトル測定からデータ処理、解析、レポート作成まで行う、操作性に優れたソフトウェアです。

OPUSは、何十年にもわたり画期的なアイデアで技術革新を続けてきたブルカーが生み出した、高い操作性と豊富な機能が魅力のソフトウェアです。ルーチン分析向けにデザインされたソフトウェア、例えばALPHA専用設計のOPUS/Mentor ソフトウェアは、ウィザードに沿って操作するだけでどなたでも簡単にお使い頂ける、ユーザーフレンドリーな仕様になっています。

また、OPUS ソフトウェアは柔軟性の高い設計になっているので、分析の目的に応じてユーザーインターフェースをカスタマイズすることも可能です。

すでに OPUSベースパッケージ には幅広い機能性が備わっているため、さまざまな種類の測定、データ処理、および評価に対応することができます。さらに、さまざまな専用のソフトウェアパッケージを利用することで、高度な ライブラリ検索や識別 、強力な 多変量の定量化を行うことができます。評価結果、スペクトルファイル、および測定パラメータを保存するためのデータベースの機能性はオプションとして利用できます。

最新の3Dと動画ソフトウェアパッケージは、たとえば、時間分解分光データにも関わる快適な分析と視覚化のための諸機能をはじめ、顕微鏡と画像処理の用途に向けて最先端のワークフローを提供します。インラインのプロセス用途に向けて、CMETソフトウェアパッケージは特に多くのことが求められる製造環境における高い安定性と有用性に向けて最適化されています。さらに、ブルカーは化学反応の時間依存性のモニタリングに向けても専用のソフトウェアパッケージをご用意しています。

OPUS ソフトウェアに関する最新情報は こちら