Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
FT-IR分光法ソフトウェア

OPUS:最新情報

OPUS banner

特長

最新リリース

OPUS 8.5

OPUSは、赤外・近赤外・ラマンスペクトルの測定から評価・解析までを幅広くサポートするブルカーの振動分光用アプリケーションソフトウェアです。最新バージョン8.5では、数多くの機能に関するワークフローのさらなる最適化を進めつつ、真の64ビットアーキテクチャに初めて対応しています(Windows 10およびWindows 7の64ビット版に対応)。これにより、利用可能なメモリー(RAM)の容量が飛躍的に増え、これまで扱うことができなかった膨大なスペクトルデータも高速かつ効率的に処理することが可能となっています。これは特に、スペクトルイメージングデータや時間分解スペクトル等の3次元データのハンドリングにおいて大きなメリットとなります。

新機能は次のとおりです。

  • 64 ビットアーキテクチャ: 真の64ビットソフトウェアにより、利用可能なメモリー容量が大幅に拡大。大量データも高速で処理できるようになるなど、大きなメリットが得られます。
  • 顕微分光法: 最新のメモリー内データ処理技術の採用により、測定ワークフローの動的処理を実現。データ取得と同時に、データ解析と結果のリアルタイム表示が可能となりました。
  • マルチスペクトル測定の自動化:自動光学コンポーネント機能を備える研究開発用分光計(VERTEX, INVENIO)により、複数の波数域をカバーするマルチスペクトルの測定も簡単かつ迅速に実行することが可能です。
  • ONET: 複数のクライアント分光計を一括管理するONETが、新たにALPHA IIもサポートできるようになりました。
  • Quant 2: アウトライヤー試料の不確実性を考慮した、キャリブレーションレンジの拡張が可能になりました。
  • ユーザー管理: Active directoryを介してWindowsユーザーをインポートできるようになりました。これにより、Windowsのアカウントを用いたOPUSへのログインが可能になります。