DirectProbe (DIP) add-on for the Bruker APCI II and APPI II Ion Sources

応用分野は以下の通りです

  • 一般的な化学的性質 → 合成制御
  • 固体 (医薬品、油、爆発物) の手動品質管理
  • ...
  • 一般的な化学的性質 → 合成制御
  • 固体 (医薬品、油、爆発物) の手動品質管理
  • カスタム → 乱用薬物、爆発物
  • 国土安全保障
  • 環境
  • 熱分解過程 (プラスチック製造)
  • 伝統的な日常的分析 (例えば、合計式の確認
Back
dip_2.png

ID 合成化合物用の APCI での直接噴射プローブ

この例では、amaZon SL イオン トラップ システムの autoMSn 機能を用いた合成化合物の明確な同定を示します。

この例では、amaZon SL イオン トラップ システムの autoMSn 機能を用いた合成化合物の明確な同定を示します。試料の気化中 (TIC インサートを参照)、データ依存 MS2 および MS3 スペクトルが取られます。MS2 での単純な中性損失の後、MS3 は豊富な構造情報を提供することにご注意ください。試料は、SiChem GmbH (ドイツ、ブレーメン) にご提供頂きました。

Back
dip_3.png

製造の QC のための APPI での直接噴射プローブ

この例では、素早い手動 QC の結果と、amaZon SL との石油留分の比較を示します。 

この例では、素早い手動 QC の結果と、amaZon SL との石油留分の比較を示します。サンプル調製なしに、そして使い捨て試料チューブによるメモリ効果なしに、3 つの候補物質である軽油、真空軽油、および減圧残油を明確に区別できます。

Back