SKYSCAN1275 banner 2308x800

仕様

X線源  20-100 kV, 10 W, スポットサイズ< 5 µm @ 4 W
X線検出器  3Mp (1944x1536 pixels) / 14ビット CMOS フラットパネル
最大スキャンサイズ  直径 96 mm ,高さ 120 mm
ソフトウェア  NRecon® 再構成ソフトウエア (GPU加速対応)
オプションステージ  マイクロポジショニング、圧縮/引っ張り、加熱/冷却
放射性安全性  装置表面のあらゆる箇所で<1 µSv/h

オプション自動サンプルチェンジャー

16サンプルチェンジャーは最大直径50㎜、8サンプルチェンジャーは最大直径96㎜、長さはいずれも80㎜対応しており、大小の様々な試料を連続してスキャンが可能です。

チェンジャーは光学系の外側にセットされており、全てのサンプルはスキャンを中断することなく、いつでもサンプルの追加や交換をすることができます。すべてのサンプルのスキャンプロトコルは個別に調整されます。3つの選択が可能で、手動、自動、前サンプルと同スキャンパラメータの繰り返し。自動選択の場合には、制御ソフトウェアはまず複数の角度位置で最も低い倍率でX線画像を用いて試料の大きさを測定します。次に完全に視野の内側にサンプルを保つために最適な倍率にします。自動調整はオペレータによって上書きすることもできます。

装置サイズ&重量

SkyScan 1275 dimensions




動画:SKYSCAN 1275 ワークフロー

関連情報