Microtomography

マイクロCT:マイクロトモグラフィ

マイクロコンピュータ断層撮影法または「マイクロCT」は医療用CTスキャンで使用されているのと同じ方法で3DでのX線イメージングですが、分解能がマイクロメートルオーダーまで向上しています。これは、物体のきわめて微細な内部構造が非破壊的にイメージングされる3D顕微鏡法と言えます。過剰な前処理、染色、薄片化などを行うことなく、一度のスキャンでサンプルの完全な内部3D構造を高解像度でイメージし、最後にそのままのサンプルを回収することができます。

マイクロCTスキャンはどのように実行されるのでしょうか?マイクロフォーカスX線源がサンプルに照射され、2次元X線検出器が拡大投影画像を記録します。サンプルが回転している間に獲得された数百の透過像に基づいて、対象物を積層する仮想断面像を構成します。その後、断面をスクロールして、異なる平面に沿ってセクションを補間し、内部構造を検査することができます。関心のある単純なまたは複雑な領域を選択すると、3次元の形態的パラメータを測定し、サンプル内部を仮想的に移動できるバーチャルなビジュアルモデルを作成できます。

Methods1

Bruker microCTは、長年、高性能マイクロCT技術の開発の最前線にあります。当社の3D X線顕微鏡の研究開発は、1980年代初めに始まりました。これにより、1983年から1987年に初めて得られたマイクロCTスキャン結果が科学誌や国際会議で発表されました。この初期の業績に基づいて、Bruker microCTは1996年に設立され、1年以内にマイクロメートルオーダーの空間分解能を備えた市販のマイクロCTスキャナを製造していました。2001年には、実験動物用イメージングのための最初の高解像度in vivoマイクロCTスキャナを製造しました。そして、2005年にBruker microCTはサブミクロンの空間分解能を備えた世界で初めての実験室系ナノCTスキャナを世に送り出したのです。年々増え続けるマイクロCTユーザーコミュニティからの要望に応え、我々は新しい非破壊3D顕微鏡の研究開発に引き続き積極的に取り組んでいます。